アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

認知症サポーター養成講座

公開日 2019年06月12日 10時00分

 

認知症サポーターとは

 認知症について正しい知識を持ち、認知症の人やその家族を応援するボランティアです。

 日常生活の中で認知症の人と出会った時に、その人の尊厳を損なうことなく、適切な対応をすることが、認知症の人と認知症の人を介護する家族の支えになります。

サポーターの役割

 認知症サポーターは何か特別なことをやってもらうわけではありません。認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者になってもらいます。

 その上で、自分のできる範囲で活動してもらいます。例えば、友人や家族にその知識を伝える、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として手助けするなど活動内容は人それぞれです。

サポーターになるには

 認知症サポーターになるには「認知症サポーター養成講座」を受講していただきます。この講座を受講した人を「認知症サポーター」と称し、その証であるオレンジリングと認知症サポーター証を交付します。

 

認知症サポーター養成講座とは

「認知症サポーター養成講座」は、認知症について正しく理解してもらうための講座です。

 町内会、学校、商店街、職場、有志の集まりなどに講師が出向いて、認知症についての勉強会を行います。

 認知症についてよく知りたい、街中で困っている認知症の人を手助けしたいという方ならどなたでも受講できます。

認知症サポーター養成講座写真1 認知症サポーター養成講座写真2

内容

標準テキストに基づいてDVD上映や寸劇などを交えた内容です。

所要時間は、おおむね60分~90分です。

講師

キャラバン・メイトが講師をします。キャラバン・メイトとは専門の研修を受講し、認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法等を市民に伝える講師役であり、習得した知識や体験等を市民に伝え、「認知症サポーター」を養成する方です。

 

市主催の認知症サポーター養成講座

 市主催の講座として、年2回開催しています。メイトと呼ばれる専門の講師による講座と、認知症当事者家族から貴重なお話をしていただきます。

令和元年度の日時・場所
日時 場所 チラシ
1回目

令和元年7月16日(火曜日)

午後1時30分〜3時30分

※午後1時10分から受付。

ふじみ野市役所5階 大会議室

住所:ふじみ野市福岡1-1-1

令和元年第1回 認知症サポーター養成講座チラシ[PDF:886KB]
2回目

令和2年1月25日(土曜日)

※時間未定。

ふじみ野市立介護予防センター2階多目的室

住所:ふじみ野市霞ヶ丘1-5-1

※詳細が決まり次第、 掲載します。

申込み・問合せ先

ふじみ野市役所 高齢福祉課地域支援係 電話:049-262-9038

 

団体・地域で「認知症サポーター養成講座」を開催したい場合

  1. 「開催申込書」を開催希望日の60日前までに高齢福祉課介護支援係へ提出してください。【開催申込書】認知症サポーター養成講座[DOC:22KB]
  2. ご希望の日時・会場で講師をすることのできるキャラバン・メイトを主催者にご紹介します。
  3. 主催者とキャラバン・メイトで相談の上、講座内容を決定します。
  4. オレンジリング、認知症サポーター証は高齢福祉課介護支援係で用意しますが、場合によっては主催者に負担してもらうこともあります。

お問い合わせ

高齢福祉課 地域支援係
TEL:049-262-9038

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る