アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

各種検診(健診)

公開日 2019年05月23日 15時15分

 がんの早期発見・早期治療及び生活習慣病の改善のために、検診(健診)を実施しています。ただし、今年度内に同等の検診を受けた人や医療にかかっていて同等の検査を受けた人およびこれから受ける予定のある人は除きます。

 

がん検診無料クーポン券について

2019年度のがん検診無料クーポン券は、令和元年5月10日に対象となる以下の方に郵送しました。がん検診を受診する際は必ず無料クーポン券をご持参ください。

子宮頚がん検診の無料クーポン券

  • 平成10年4月2日~平成11年4月1日生まれの女性

乳がん検診の無料クーポン券

  •  昭和53年4月2日~昭和54年4月1日生まれの女性
  •  昭和48年4月2日~昭和49年4月1日生まれの女性
  •  昭和43年4月2日~昭和44年4月1日生まれの女性
  •  昭和38年4月2日~昭和39年4月1日生まれの女性

 

個別検診(健診)……医療機関で行う検診(健診)

実施期間

令和元年6月1日(土曜日)~11月30日(土曜日)

※胃内視鏡検診のみ令和元年5月1日(水曜日)~10月31日(木曜日)

個別がん検診

検診名

内容

対象者

自己負担金

個別がん検診

肺がん・結核・胸部疾患検診

問診・胸部X線撮影

昭和55年3月31日以前に生まれた人(40歳以上になる人)

  • 500円
  • 喀痰検査も実施した場合は、1,000円

大腸がん検診

問診・便潜血検査2日法

昭和55年3月31日以前に生まれた人(40歳以上になる人)

500円

胃がん検診

内視鏡検査

※2年に一回の検診です。

1.2.のいずれかに該当する人

  1. 昭和45年3月31日以前に生まれた人(50歳以上になる人)で偶数月生まれの人

  2. 昭和44年3月31日以前に生まれた人(51歳以上になる人)で前年度受診歴のない奇数月生まれの人

※2に該当し受診を希望する人は、事前に保健センターへご連絡ください。

  • 50歳~64歳=3,000円
  • 65歳以上=1,500円

※年齢は年度末年齢。

子宮頸がん検診

問診・子宮頸部細胞診

※平成30年度から2年に1回の検診になりました。

1.2.のいずれかに該当する人

  1. 平成12年3月31日以前に生まれた女性(20歳以上になる女性)で偶数月生まれの人

  2. 平成11年3月31日以前に生まれた女性(21歳以上になる女性)で前年度受診歴のない奇数月生まれの人

※2に該当し受診を希望する人は、保健センターに事前にご連絡ください。

1,000円

胃がんリスク検診

ABCD検診

※採血で血液中のピロリ菌とペプシノゲン値を調べて胃がんになるリスクを判定する検査

昭和53年4月2日から昭和54年4月1日生まれの人(今年度41歳になる人)

【対象外】

  • 明らかな上部消化器症状があり、胃や十二指腸の病気が強く疑われる人
  • 食道・胃・十二指腸の病気で治療中・経過観察中の人
  • 胃酸分泌抑制薬(プロトポンプ阻害薬)服用中、もしくは2か月以内に服用していた人
  • 腎不全・腎機能障害の人(血清クレアチニン値3ミリグラム パー デシリットル以上の人)
  • 胃切除後の人
  • 過去にピロリ菌の除菌をした人

500円

個別がん検診の申込方法

令和元年度各種健診実施医療機関[PDF:96KB]へ電話予約し、受診してください。

  • 胃がん検診(内視鏡検査)、子宮頚がん検診は2年に1回、その他の検診は年に1回の受診になります。

  • 検診の重複受診(同じ年度内に同じ検診を2回以上受けること)は、全額自己負担になりますのでご注意ください。

 

肝炎ウィルス検診

検診名

内容

対象者

自己負担金

肝炎ウイルス検診

肝炎ウィルス検診

問診・肝炎ウイルス検査(B・C型)

  • 昭和55年3月31日以前に生まれた人

  • 40歳以上で過去に肝炎ウイルス検診を受けたことがない人

全額公費負担

肝炎ウイルス検診の申込方法

令和元年度各種健診実施医療機関[PDF:96KB]へ電話予約し、受診してください。

  • 胃がん検診(内視鏡検査)、子宮頚がん検診は2年に1回、その他の検診は年に1回の受診になります。

  • 検診の重複受診(同じ年度内に同じ検診を2回以上受けること)は、全額自己負担になりますのでご注意ください。

 

特定健康診査(健康診査)

特定健康診査(健康診査)
健診名 対象者 自己負担金 申込方法
ふじみ野市国民健康保険の加入者 昭和19年9月~昭和55年3月生まれの人 1,000円 2019年度各種健診実施医療機関[PDF:96KB]へ電話予約し、受診してください。
後期高齢者医療制度の加入者
  • 75歳以上の人
  • 65歳以上74歳で一定の障がいの状態にあり、後期高齢者医療被保険者資格を有する人
1,000円 2019年度各種健診実施医療機関[PDF:96KB]へ電話予約し、受診してください。
生活保護受給者の健康診査
(健康保険加入者を除く)
昭和55年3月31日以前に生まれた人(40歳以上になる人) 全額公費負担
  1. 保健センター窓口(フクトピア内)で配布する受診票(郵送可)を受け取り
  2. 2019年度各種健診実施医療機関[PDF:96KB]に電話予約し、受診してください。

 

集団がん検診

検診名 内容 対象者 自己
負担金
検診
実施月
市報
掲載月
申込期間
集団がん検診
胃がん検診 バリウム検査

昭和55年3月31日以前に生まれた人(40歳以上になる人)

《対象外》2019年度に市が実施した胃内視鏡検診を受けた人

なし 2020年2月 12月号 12月2日(月曜日)~26日(木曜日)
乳がん検診

マンモグラフィ

※市が行う検診は2年に1回の受診。

平成2年3月31日以前に生まれた女性(30歳以上になる女性)
≪対象外≫
前年度に市が実施した乳がん検診を受けた人
※ただし、今年度クーポン対象の人は、受診できます。

なし
7月 4月号 4月24日(水曜日)~5月20日(月曜日)
9月 7月号 7月1日(月曜日)~25日(木曜日)
10月 8月号 8月1日(木曜日)~26日(月曜日)
12月 10月号 10月1日(火曜日)~24日(木曜日)
前立腺がん検診 採血による検査 昭和45年3月31日以前に生まれた男性(50歳以上になる男性) 500円 11月 9月号 9月2日(月曜日)~26日(木曜日)

※集団がん検診の詳しい日程は、令和元年度集団がん検診日程表 [PDF:33KB]をご覧ください。

集団がん検診の申し込み方法

申し込み期間中に、1~3の方法で保健センターへ申し込む

  1. 郵送当日消印有効。申し込みは1人1通。)

  2. 保健センター窓口(平日8時30分から17時15分、土曜日・日曜日・祝日は除く)

  3. 電子申請

 

郵送で申し込む際の記入必要事項

  1. 件名「〇がん検診希望」

  2. 氏名(ふりがな)

  3. 生年月日

  4. 郵便番号

  5. 住所

  6. 電話番号

  7. 受診希望日・場所(乳がん検診・胃がん検診は第3希望まで、前立腺がん検診は第2希望まで必ず記入)

  8. (乳がん検診で必要な人のみ)保育希望人数とお子さんの年(月)齢

 

集団がん検診の電子申請での申し込み

注意事項

  • パソコンまたはスマートフォンからお申し込み下さい。

  • 電子申請をご利用の際に、以前に電子申請の利用登録をされた方以外は、新たに利用登録をするか、利用登録をしない場合はメールアドレスを登録すると、「連絡先アドレス確認メール」が送付されます。このメールに申し込み画面のURLが添付されていますので、URLから申し込み画面に進み、希望日等詳細を入力し申込をしてください。

  • 「連絡先アドレス確認メール」が届いた段階では、まだ申請されていませんのでご注意ください。

  • お申込みが完了しますと、「申し込み完了メール」が送付されます。

申込フォーム

 

受診の可否

「受診決定通知発送予定日」までに通知します。期日までに届かない場合はご連絡ください。

※「受診決定通知発送予定日」は、令和元年度集団がん検診日程表 [PDF:33KB]でご確認ください。

 

検診内容について

胃がん検診(バリウム検査)
対象者

昭和55年3月31日以前に生まれた人(40歳以上になる人)

《対象外》2019年度(平成31年度)に市が実施した胃内視鏡検査を受けた人

胃がん検診(バリウム検査)を受けられない人(1つでも当てはまると受診できません)

  • 今年度内に職場の検診や人間ドックなどで同等の検査を受けた人(予定を含む)

  • バリウム製剤のアレルギーがある

  • 妊娠中(可能性も含む)

  • 食道・胃・小腸・大腸の病気で治療中・経過観察中である

  • 腸閉塞(腸ねん転)の既往がある

  • 重度の便秘症

  • 過去1年以内に手術をした

  • 過去1年以内に心筋梗塞や脳血管障害を発症した

  • 心臓病・腎臓病で水分制限を受けている

  • 慢性呼吸器疾患で常時酸素吸入をしている

  • 透析中

  • 自力で体位を保持することや、撮影台の手すりをつかんで体位変換ができない

  • 体重が130キログラム以上ある(レントゲン装置の安全保障から外れるため)

  • 過去の検診でバリウムを誤嚥したことがある

  • 検査当日、食事や水分を摂取した

※糖尿病・高血圧症・心臓病で治療中の人はあらかじめ胃がん検診(バリウム検査)を受けることを主治医に相談の上、医師の指示に従ってください。

※申込者全員に受診による危険性や副作用などについての説明や自覚症状、既往歴などについての確認書を郵送し、胃がん検診の検査を受けることについての同意をいただいております。当日の体調や既往歴などの確認事項の内容により、受診できない場合があります。

内容 問診と胃のバリウム検査(検診車の中でバリウムによるX線撮影)
定員 各回110名(定員を超えた場合は抽選)
受付時間

午前8時~11時20分

※時間を区切って受け付けます。終了まで1時間30分以上かかることもありますので、時間に余裕のある日程を選んでください。

※受付時間の希望はできません。

自己負担金 なし

 

乳がん検診

対象者

平成2年3月31日以前に生まれた女性(30歳以上になる女性)

検診を受けられない人

  • 今年度内に職場の検診や人間ドックなどでマンモグラフィを受けた人(予定を含む)

  • 前年度(平成30年度)に市の集団乳がん検診(マンモグラフィ)を受けた(ただし、今年度クーポン対象者の人は対象となります)

  • 乳がんの既往がある

  • 乳腺疾患で治療中または医療機関で経過観察中

  • 豊胸手術・ペースメーカー装着・ドレーン挿入中・ポート埋め込み中(胸部に人工物が入っている)

  • 妊娠中または妊娠している可能性がある

  • 現在授乳中または断乳、卒乳後6か月未満

  • 現在、乳房に気になる症状がある人(自覚症状のある人は、個別の症状に合わせた精密検査が必要ですので、市の検診ではなく医療機関での受診をおすすめします。)

  • 自力で立位が保持できない方、腰や背中が伸ばせない方

内容 問診・マンモグラフィ(乳房X線撮影)
定員 各回90人(定員を超えた場合は抽選になります)
受付時間

午前・午後それぞれ時間を区切って受け付けます。

※終了まで2時間程度かかることもありますので、時間に余裕のある日程を選んでください。

※受付時間の希望はできません。

自己負担金 なし
その他
  • 検診を受ける際に介助が必要な人は事前にご相談ください。
  • 保育希望の場合は、事前申込が必要です。マンモグラフィ撮影時のお子さんのお預かりとなります。保育対応日程は平成30年度がん検診日程表をご覧ください。

 

前立腺がん検診
対象者 昭和45年3月31日以前に生まれた男性(50歳以上になる男性)
内容 問診とPSA検査(血液検査)
自己負担金 500円

 

がんに関する相談

がんについては、がん診療関連拠点病院(国指定)またはがん診療指定病院(県指定)に設置されている「相談支援センター」で、専門的な相談をすることができます。

 

保健センターへのお問い合わせについて

 メールでのお問い合わせには、回答までに多少の日数がかかります。また、メールの内容に、お問い合わせいただくご本人様の情報(年齢等)が少ない場合は正確な回答が出来ないこともあります。

 可能であれば、直接お電話でのお問い合わせをお願い致します。(平日午前8時30分~午後5時15分まで)

お問い合わせ

保健センター 健康予防係
TEL:049-262-9040

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る