アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

ふじみ野市のあけぼの -旧石器時代-

公開日 2014年12月01日 00時00分

ふじみ野市のあけぼの -旧石器時代-

ふじみ野市で人々が活動・生活した最古の痕跡は、約2万7千年前の後期旧石器時代にさかのぼります(川崎・本村遺跡)。

その当時は最終氷河期の最中で、海は凍りつき、海面は今から平均して約100メートルも下がって、日本列島は大陸とつながっていました。

ふじみ野市域は、当時、渓谷となっていた荒川を東に臨み、台地には川越江川・福岡江川・さかい川・砂川などの小河川が流れていました。

これらの河川に近い場所で生活が営まれていたことが、流域にある川崎・滝・鷺森・亀居・本村・西ノ原・東台遺跡などで確認されています。


02[1]

2万7千年前のナイフ型石器(川崎遺跡出土)

地図

お問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
TEL:049-220-2088

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る