アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

土器誕生 -縄文(じょうもん)時代-

公開日 2014年12月01日 00時00分

土器誕生 -縄文(じょうもん)時代-

1万5千年前の縄文時代になると、気候は暖かくなり、食糧になる動植物に恵まれました。

東台遺跡からは9千年前の市内最古の縄文土器が出土しました。

6千年前の縄文時代前期には、さらに温暖化が進み、東京湾が現在の荒川流域の低地まで入り込んでいました。

この海辺に沿って集落がつくられ、狩猟の他に、魚や貝を採取する生活が営まれていました。

上福岡貝塚や川崎遺跡はこのころの集落跡で、貝塚(かいづか)と呼ばれる食用の貝がらの捨場や重要文化財の片口(かたくち)土器がみつかっています。

5~4千年前の縄文時代中期には、小河川に沿って大規模な集落が営まれるようになりました(西・ハケ・亀居〈かめい〉・西ノ原・東台遺跡・神明後遺跡など)。

また、注口(ちゅうこう)土器・石棒など祭祀(さいし)に使用されたと思われるものや、耳飾りなどの装飾具も現れるようになります[権現山(ごんげんやま)・鷺森(さぎもり)遺跡]。

03_1[1]

上福岡貝塚出土の重要文化財片口土器(個人蔵・東京国立博物館にて展示中)

higashidai03_2[2]

縄文時代中期の柄鏡住居(東台遺跡)

古東京湾03_3[2]

縄文時代中期の東京湾(『新編埼玉県史図録』より引用・加筆)

地図

お問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
TEL:049-220-2088

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る