アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

戦国大名北条(ほうじょう)氏の支配 -戦国時代-

公開日 2014年12月01日 00時00分

戦国大名北条(ほうじょう)氏の支配 -戦国時代-

戦国時代中ごろのふじみ野市には、大井郷・福岡郷・川崎郷と呼ばれる村々があり、相模国(現在の神奈川県)小田原城を本拠地に、関東一円に勢力を伸ばした北条氏が支配していました。

大井郷は、北条氏一族の北条幻庵(げんあん)が、福岡郷・川崎郷は、富永善左衛門をはじめとする5人の北条氏家臣が領主として治めていました。

下福岡の城山(しろやま)は、福岡郷に本拠地を置く富永氏が築いた城館(じょうかん)の跡と伝えられます。

この支配は、天下統一をめざす豊臣秀吉によって天正18(1590)年に北条氏が滅ぼされるまで続きます。

当時の大井郷では、北条幻庵から名主に任命された新井氏・塩野氏など四人の有力農民が田畑の開発を進めました。

福岡郷では、北条氏から小代官に任命された吉野氏が年貢(ねんぐ)や軍用の食糧を領主に納めていました。

北条秀印状09[1]

天正7年の北条幻庵朱印状(新井家文書)

地図

お問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
TEL:049-220-2088

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る