アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

彫刻

公開日 2014年12月01日 00時00分

釈迦如来像(しゃかにょらいぞう)【彫刻】

釈迦堂の本尊(ほんぞん)として安置(あんち)されている釈迦如来像は、江戸時代初期の作で、像の高さは33.5センチメートルです。一木造(いちぼくづくり)で、漆箔(しっぱく)が施されています。おだやかな面相(めんそう)や衣文(えもん)がよく整っていることから、かなりの技術を持った仏師(ぶっし)の作と思われます。
(所在地=釈迦堂:中丸1丁目)

釈迦如来像(しゃかにょらいぞう)【彫刻】

薬師如来像(やくしにょらいぞう)【彫刻】

薬王寺(やくおうじ)の本尊として安置されている薬師如来像は、室町時代につくられた市内唯一の仏像で、像の高さは48.2センチメートルになります。木造で、江戸時代に膝前部と台座の一部と新たな胴体・頭部を継ぎ合わせる補修が行われました。新たに薬師如来像をつくらずに、当初の部材を活用しているのは、当初の像が重要な意味をもっていたからと考えられます。
(所在地=薬王寺:仲3丁目)

薬師如来像(やくしにょらいぞう)【彫刻】

地蔵尊(じぞうそん)【彫刻】

地蔵堂の本尊として安置されている地蔵尊は、江戸時代初期の作と思われ、像の高さは11センチメートルになります。一木造で、両手は失われていますが、肉身部には金泥(きんでい)が施され、着衣部は古色仕上げにされています。本像は、岩屋のかたちにつくられた木製の龕(がん)[仏像等を収納する厨子の一種]に安置されており、さらに龕は厨子(ずし)に収められています。
(所在地=地蔵堂:駒林)

地蔵尊(じぞうそん)【彫刻】

阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)【彫刻】

安楽寺(あんらくじ)の本尊として安置されている阿弥陀如来像は、江戸時代初期の作とされ、像の高さは36.3センチメートルになります。木造で、肉身部に金泥が、着衣部に彩色仕上げが施されています。
(所在地=安楽寺:駒林)

阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)【彫刻】

鉄造阿弥陀如来像(てつぞうあみだにょらいぞう)【彫刻】

西養寺(さいようじ)[現在は廃寺]の本尊として安置された阿弥陀如来像は、鉄を鋳造してつくられた鉄仏(てつぶつ)です。江戸時代初期の作で、像の高さは84.3センチメートルに及ぶ大きなものです。江戸時代中ごろに西養寺の本尊として迎えられました。鉄仏は埼玉県内でも8件しか確認されておらず、貴重な作例になっています。
(所在地=西養寺霊園:滝3丁目)

鉄造阿弥陀如来像(てつぞうあみだにょらいぞう)【彫刻】
 

お問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
TEL:049-220-2088

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る