アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

平成22年度公開事業評価

公開日 2014年12月01日 00時00分

公開事業評価の評価結果に伴う今後の方針

平成22年10月16日(土曜日)・17日(日曜日)に開催した、公開事業評価において頂いた、市民判定人などのご意見や評価結果を受け、各事業について市としての方針を定めました。

公開事業評価の評価結果に伴う今後の方針[PDF:276KB]

公開事業評価意見

公開事業評価意見(まとめ)[PDF:342KB]

市民判定人アンケート[PDF:264KB]

傍聴者アンケート[PDF:294KB]

公開事業評価を実施しました(結果速報)

平成22年10月16日(土曜日)、17日(日曜日)において、市民サービスの質の向上や効果的で効率的な行政の姿について、市民目線で議論していただく「公開事業評価」を実施しました。
公開事業評価には、2日間にわたり延べ268人の方が傍聴に訪れました。
評価作業は、2班に分かれて2会場で行い、1班20人(このうち外部評価人4人、市民判定人16人)で、1日につき8事業ずつ、2日間にわたり32事業を評価・判定しました。
各事業の評価・判定結果(速報)は以下をご覧ください。

今回の公開事業評価の結果が、そのまま市の最終的な判断となる訳ではありません。今後、結果や作業時の評価人(判定人)からの意見・指摘事項等を真摯に受け止め、各事業のあり方について再検討を行い平成23年度以降の予算編成や事業の執行に活用していきます。
なお、市の検討結果につきましては、後日、公表いたします。

ふじみ野市公開事業評価結果速報[PDF:22KB]

平成22年度ふじみ野市公開事業評価を実施します

「公開事業評価」とは

「公開事業評価」は、ふじみ野市で実施している事業を「本当に必要な事業か」、「必要ならば誰が実施主体であるべきか(行政《国・県・市》か民間か)」、「市が継続実施する場合拡充すべきか、やり方など改善すべきか」について、市民のみなさんなど外部の視点を取り入れて公開の場で議論し、それぞれの事業ごとにA:「不要」B:「国、県で実施(広域含む)」C:「市実施(継続)」 D:「市実施(拡充)」 E:「市実施(縮小を含め改善)」 F:「民間化(委託・指定管理者等)」の基準により評価・判定していく、事業見直しの手法です。
公開事業評価の結果がそのまま市の方針となるものではありませんが、判定結果や評価人からの意見・指摘事項等を真摯に受け止め、平成23年度以降の予算編成や事業の執行に活用していきます。

本市では「公開事業評価」の実施にあたって、地方自治体の財政健全化・地域活性化・住民満足の実現をスローガンに掲げ財団を設立した『地方自治体公民連携研究財団』にご協力いただきます。
この事業は公開で行いますので、ぜひ下記の会場までおこしください。

実施要領はこちらをご覧ください。[PDF:94KB]

実施の目的

厳しい社会経済情勢や少子高齢化の進展のもと、本市の財政状況もますます厳しくなる中で、市民の皆様からの様々な声にお答えし、将来にわたって質の高いサービスを提供していくためには、実施する必要性が薄れた事業、行政ではなく民間企業やNPOに任せた方がよりサービスの向上が図れる事業、もっと有効で効率的な手法が他にある事業などを見直し、本当に市でなければできない事業やもっと拡充すべき事業に、限られた財源・人材を効率的に配分しなければなりません。
「公開事業評価」は、こういった既存事業の見直しを行うことと、そのプロセスを公開の場での議論という形で市民の皆様にご覧いただき、さらには評価・判定にご参加いただくことで、市政の透明性を確保することを目的とします。

日時

平成22年10月16日(土曜日)、10月17日(日曜日)
午前9時から午後5時30分まで(会場により若干の差異があります)

場所

ふじみ野市役所(ふじみ野市福岡一丁目1番1号)

  • 【第1会場】本庁5階大会議室
  • 【第2会場】本庁5階執行部控室

※受付は本庁1階ロビーで行います。

対象事業

ふじみ野市総合振興計画前期基本計画の体系に基づく施策に関連する事務事業を中心に、平成21年度に実施した事務事業を予算事業別に整理した結果、約450事業となりました。この450事業の中から次の条件を満たす32事業を対象とさせていただきました。

  1. 事業の実施・執行にあたり、事業範囲・経費等について市に裁量の余地がある事業
  2. 事業の必要性、有効性をもとに改善が必要と認められる事業
  3. 市民や外部の視点で見直しの方向性を議論することが有意義であり、必要と考えられる事業

対象事業の絞り込みについては段階を踏んで行いましたが、この作業工程並びに最終案決定に当たり、市民や民間有識者で組織する「ふじみ野市行財政改革推進委員会」にご協力をいただき実施しました。

その他

※第1・第2会場ともに、手話通訳者を配置いたします。

10月16日(土曜日)

No. 事業名 担当所属 事業資料
10月16日第1会場(ふじみ野市役所本庁5階大会議室)
1 広報編集・発行事業 秘書広報課 事業資料[PDF:1MB]
2 ふじみ野市勤労者福祉共済会補助金交付事業 産業振興課 事業資料[PDF:292KB]
3 出前子育てサロン事業 子育て支援課 事業資料[PDF:322KB]
4 上福岡図書館管理運営事業
大井図書館管理運営事業
上福岡図書館
大井図書館
事業資料[PDF:974KB]
5 上福岡歴史民俗資料館管理運営事業
大井郷土資料館管理運営事業
上福岡歴史民俗資料館
大井郷土資料館
事業資料[PDF:489KB]
6 水道料金調定・収納事務 水道課 事業資料[PDF:204KB]
7 総合福祉センター管理運営事業 大井総合福祉センター 事業資料[PDF:329KB]
8 保育所運営事業(市立保育所) 保育課 事業資料[PDF:180KB]
 
No. 事業名 担当所属 事業資料
10月16日第2会場(ふじみ野市役所本庁5階執行部控室)

1

公園愛護会推進事業
緑地愛護会推進事業
都市計画課 事業資料[PDF:162KB]
2 運動公園等管理事業(荒川第2、びん沼サッカー場含む) 都市計画課 事業資料[PDF:209KB]
3 体育館・武道館維持管理事業 体育課 事業資料[PDF:265KB]
4 市民相談事業 市民相談・人権推進室 事業資料[PDF:334KB]
5 水中運動教室事業 保健センター 事業資料[PDF:244KB]
6 教育相談事業 学校教育課 事業資料[PDF:327KB]
7 市営住宅供給管理事業 建築課 事業資料[PDF:215KB]
8 市内循環バス事業 道路課 事業資料[PDF:170KB]

10月17日(日曜日)

No. 事業名 担当所属 事業資料
10月17日第1会場(ふじみ野市役所本庁5階大会議室)
9 市民活動支援センター管理運営事業 くらし安全課 事業資料[PDF:199KB]
10 防犯コミュニティ事業 くらし安全課 事業資料[PDF:366KB]
11 平和推進事業
平和教育推進事業
くらし安全課
生涯学習課
事業資料[PDF:300KB]
12 生涯学習推進事業 生涯学習課 事業資料[PDF:251KB]
13 社会教育推進事業 生涯学習課 事業資料[PDF:298KB]
14 放課後子ども教室推進事業 生涯学習課 事業資料[PDF:330KB]
15 障害者就労支援センター運営事業
障害者相談支援センター運営事業
障がい福祉課 事業資料[PDF:341KB]
16 社会福祉協議会補助金交付事業 福祉課 事業資料[PDF:282KB]
No. 事業名 担当所属 事業資料

10月17日第2会場(ふじみ野市役所本庁5階執行部控室)

9 敬老祝金支給事業 高齢福祉課 事業資料[PDF:254KB]
10 配食サービス事業 高齢福祉課 事業資料[PDF:360KB]
11 シルバー人材センター補助金交付事業 高齢福祉課 事業資料[PDF:305KB]
12 市民窓口事務(出張所)
市民窓口事務(支所)
市民課
市民窓口課
事業資料[PDF:880KB]
13 大井中央公民館維持管理運営事業 大井中央公民館 事業資料[PDF:273KB]
14 大井中央公民館分館維持管理事業 大井中央公民館 事業資料[PDF:272KB]
15 上福岡公民館維持管理運営事業
コミュニティセンター管理運営事業
上福岡公民館 事業資料[PDF:291KB]
16 上福岡西公民館維持管理運営事業 上福岡西公民館 事業資料[PDF:261KB]

「市民判定人」も質疑を行う評価・判定方式とは

同種の事業を既に行っている多くの自治体では、1班あたり概ね1~2名の市民が外部評価人とともに同じテーブルにつき質疑を行い、そのまま判定も行っている例や、質疑に関してはもっぱら外部委員だけにお願いし、判定はその議論を聞いた「市民判定人」だけで行う方式を採っています。
本市では、この事業になるべく多くの市民の方にご参加いただき、事業に対する生の声を質疑応答という手法により活かしたいとの考えで、32人の市民判定人のみなさんには質疑の機会を確保し、そのうえで評価・判定をしていただく方式を採ることにしました。
市民判定人については、無作為抽出した18歳以上の市民1,000人に郵送で案内状を送付して参加を募り、ご承諾いただいた方に、当日、市民判定人としてご参加をお願いします。

お問い合わせ

総合政策部 経営戦略室
TEL:049-262-9000

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る