アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

ペット(犬・猫)が迷子になったとき、保護したとき

公開日 2019年03月20日 08時30分

飼い犬が迷子になってしまったときや、迷い犬を保護したとき

迷子になった犬は、自分の家を探して遠くに歩いていってしまう場合があります。

すぐに戻ってくるだろうと考えず、すぐに探すようにしましょう。

また、保護された犬の飼い主がすぐにわかるように、首輪には「犬鑑札」、「狂犬病予防注射済票」などを付けておきましょう。

番号などから飼い主の方がわかります。

犬が迷子になった・保護した場合は、市役所や所轄の警察署、保健所にご連絡をお願いします。

※収容された動物については、保健所・動物指導センターの保護・収容動物情報(外部リンク)や警察の落とし物検索情報(外部リンク)で情報提供をしていますので、ホームページで確認してください。

飼い猫が迷子になってしまったときや、迷い猫を保護したとき

保護された猫の飼い主がすぐにわかるように、首輪に名札などを付けておきましょう。

猫が迷子になった・保護した場合は、市役所や所轄の警察署、動物指導センターにご連絡をお願いします。

※収容された動物については、保健所・動物指導センターの保護・収容動物情報(外部リンク)や警察の落とし物検索情報(外部リンク)で情報提供をしていますので、ホームページで確認してください。

連絡先一覧

  • 朝霞保健所 電話 048-461-0468
  • 埼玉県動物指導センター南支所 電話 048-855-0484
  • 東入間警察署 電話 049-269-0110

外部リンク

犬猫images

お問い合わせ

環境課 環境係
TEL:049-262-9021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る