アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

平成27年度から国民健康保険税の税率などが変わります

公開日 2015年04月01日 00時00分

医療分の課税方式を2方式に変更

国民健康保険税は基礎課税額(医療分)に、後期高齢者支援金等課税額(支援分)と介護納付金課税額(介護分。40歳以上65歳未満の人が対象)を合算し、世帯の一年間の税額を算定します。

今回の改正は、医療分の課税方式を所得割および均等割で算定する2方式に変更し、所得割と均等割の税率を変更します。支援分と介護分はすでに2方式で算定しているので、この改正ですべてが2方式による算定に統一されます。

なお、支援分と介護分の税率および課税方式に変更はありませんが、課税限度額をそれぞれ2万円ずつ引き上げます。

平成26年度の税率等
変更前
医療分 所得割  5.65パーセント
資産割 25.00パーセント
均等割 13,100円
平等割 12,000円
支援分の課税限度額 14万円
介護分の課税限度額 12万円

      ↓ ↓ ↓

平成27年度の税率等
変更後
医療分 所得割  7.30パーセント
資産割 廃止
均等割 25,100円
平等割 廃止
支援分の課税限度額 16万円
介護分の課税限度額 14万円

ご自身で平成27年度の国民健康保険税額を試算される場合は、こちらのページへ

お問い合わせ

保険・年金課 保険税係
TEL:049-262-9039

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る