アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

国民年金に加入するための手続き

公開日 2015年11月02日 09時47分

国民年金の手続きが必要なとき

 以下のようなときは、国民年金(第1号被保険者)への加入手続きが必要です。

  • 20歳を迎えたとき
  • 会社を退職したとき
  • 雇用形態が変わり、厚生年金の資格を喪失したとき
  • 配偶者の扶養だった方が、扶養から外れたとき (扶養の所得基準超過・配偶者の65歳到達・配偶者の退職など)
  • 配偶者の扶養だった方が、離婚したとき
  • 20歳以上60歳未満の方で海外から転入・帰国したとき

 ※国民年金(第1号被保険者)の加入者は、老齢基礎年金に上乗せして受給できる付加年金(任意で加入)を同時に申し込むこともできます。

手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(原本)※ただし代理人が申請する場合は不要

  (運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

  • マイナンバーまたは基礎年金番号がわかるもの

  詳しくは、日本年金機構ホームページ「日本年金機構におけるマイナンバーへの対応」をご覧ください。

(代理人の場合)

  • 委任状
  • 代理人自身の本人確認ができるもの
  • 代理人の認印
  • マイナンバーで申請する場合は本人のマイナンバーが確認できるもの

上記のほか下記に該当する書類

20歳を迎えたとき
  • 20歳になる直前に、日本年金機構から送付された「国民年金被保険者関係届書(申出書)」
退職等により厚生年金の資格を喪失したとき
  • 退職日等のわかる書類(健康保険資格喪失証明書、会社作成の退職証明書、雇用保険被保険者離職票など)
配偶者の扶養から外れたとき
  • 扶養から削除されたことがわかる書類(健康保険資格喪失証明書など)
離婚したとき
  • 離婚日のわかる書類(戸籍謄本など)
海外から転入・帰国したとき
  • パスポート

手続き場所

保険・年金課(本庁舎)・市民総合窓口課(大井総合支所)または年金事務所

国民年金加入手続き後の流れ

 国民年金加入手続き日の約1ヵ月後に日本年金機構より翌年3月分までの「国民年金保険料納付書」が送付されます。

納付書は、金融機関の窓口のほか、コンビニエンスストアなどで使用できます。

また、保険料は口座振替やクレジット納付、または電子納付もできますので年金事務所へご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせの際は、マイナンバーまたは基礎年金番号がわかるものをご用意ください。

川越年金事務所

電話:049-242-2657

〒350-1196 川越市脇田本町15番地13 東上パールビル3階

川越駅西口下車徒歩2分
駐車場あり(22台)

受付時間

月曜日:午前8時30分から午後7時(月曜日が休日の場合は火曜日)

火曜日から金曜日:午前8時30分から午後5時15分

第2土曜日:午前9時30分から午後4時

関連記事

お問い合わせ

保険・年金課 保険・年金係
TEL:049-262-9020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る