アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

ごみのポイ捨てについて

公開日 2015年11月20日 15時38分

提案

市の道路のごみが気になって、何度も環境課に申し入れを行っているが、具体的な回答はなく、各自治会でやっているということで責任がないようなありさまだ。
そこで、市の美化について考えていることを述べたいと思う。
市の道路、公園など毎日のようにごみが捨てられており、聞けば週に1、2回、回収しているとのこと。ごみのポイ捨てを禁止する看板もない。公園では各人がごみを持ち帰るように徹底すべきだと思うが、どうか。現状では環境課も都市計画課も他人任せで積極的に解決する考えがないように思う。
そこで、各道路のごみを拾う運動や公園等ではごみを持ち帰る運動を行ってはどうか。また、各家の前のごみ清掃は各人が行うように、月に一回清掃日を設けてきれいにすることを行ってはどうか。これにより、自然と市全体がきれいになると思う。

 

回答

日ごろ、道路や公園の清掃活動にご尽力賜り厚くお礼申し上げます。ご指摘の道路や公園でのポイ捨て行為については、一部の方のモラルの問題が「ポイ捨て」という事象で表面化しております。道路や公園は市民の皆さんが利用する公共の場であり市が適切に維持管理していく必要があります。
市では、年に2回上福岡駅東西口において「ポイ捨て防止キャンペーン」を実施し、多くの市民や団体、企業の参加をいただき、ポイ捨て防止などの周知、啓発を図っております。また、ポイ捨て行為を多くされてしまう土地所有者に対しては啓発用看板を配布し、掲示する中でポイ捨て防止などを呼びかけております。また、現在、市役所周辺の道路につきましては、市職員がボランティアで毎週清掃活動を実施しております事を申し添えさせていただきます。
しかしながら、市内各所での「ポイ捨て」への対応については、限られた職員数や財源の中で、行政だけでは行き届いた清掃活動が出来ないのが現状でございます。そのため、本市では、道路や公園など公共施設をご利用頂く皆様や道路サポーターズ、公園愛護会などのボランティアの皆様との連携、協力のもと定期的な清掃活動が実施されており、特に、清見第一公園では、シルバー人材センターに委託し清掃等を行っております。
また、地域の皆様においては、地域の道路、公園などの清掃を自主的に行う「地域美化自主活動」を各町会、自治会、企業等が推進されており、地域における道路、公園の清掃活動が各地域で定着しつつあるものと考えております。
引き続き、市民の皆様に対しポイ捨て防止への周知、啓発を図るとともに、ふじみ野市が清潔で住みよいまちとなるよう福永様からこの度頂いた貴重なご意見等を参考にしながら努めてまいりますのでご理解いただきますようお願いいたします。

 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る