アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

飛行機の騒音について

公開日 2015年12月17日 15時47分

提案

ここのところ自衛隊のものと思われる飛行機がふじみ野市上空を低空飛行で行ったりきたり、また理由もなくぐるぐる回ったりなどしていて、これによるものすごい騒音に困っている。
以前は、このような事はなかったのに今、何がおきているのか。ただちに、このような低空での飛行はやめ、もっと上の方を飛んでもらえるよう申し入れをしてほしい。

回答

狭山市に所在する入間基地への飛来の実態について、市職員が確認しましたところ、飛行訓練として入間飛行場を中心に飛行するパターンに、ふじみ野市上空を通過することはありますが、低空飛行については、人または家屋の密集地域の上空は、最も高い障害物の上端から3百メートルの高度を最低安全高度と規定しているなど、飛行高度が制限され、航空法等の法令を遵守して飛行訓練を行っており、特に、規定外の低空飛行を行った経緯はないとのことでした。
また、飛行訓練は天候や時間帯等により訓練コースが左右され、事実があった時点でパイロットに確認するなどしないと、明確な事実確認はできないとのことでした。
今後も防衛省等に対して、本市を含む1県14市町で構成される埼玉県基地対策協議会を通じ、騒音の問題等の要望活動を実施してまいります。
また実動演習や航空祭の飛行展示等の事前訓練が計画されている場合は、協議会を通じて情報提供もございますので、必要に応じて市民の皆様に情報提供させていただくとともに、入間基地と連絡を密にして事実関係を確認するなど、皆様の不安を解消し、安心して生活が送れるよう努めてまいりますのでご理解くださいますようお願いいたします。
 

 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る