アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

収税課に共用のブースを設置してほしい

公開日 2015年12月24日 11時51分

提案

国民健康保険税、市県税問合せのため市役所の収税課に行ったが、確定申告の時期が遅かったこともあり、新たに20数万円を税として本年度納めるように言われた。この金額はあまりに大きく納期の猶予は可能かどうか尋ねたところ、延滞金を支払うことにはなるが可能ということだった。
係の人は丁寧に対応してくれたのだが、このやり取りは収税課のフロアに丸聞こえだった。係りの人にお願いしたにもかかわらず「ブースはない」、「会議室も空きがない」と言われた。叱責ともとれるような声で言われたりもした。
職員の方にはよくあることかも知れないが、大勢の前で延滞金の話をされるのは大変不快だ。改善してほしい。

回答

納税相談にご来庁頂いた際、大変不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
納税相談につきましては、他人に知られたくない個人のプライバシーに関する話になる場合がございます。そのため、納税相談は専用の相談室で行った方が良いと考えておりますが、現在、庁舎改修中であり残念ながら収税課にはそのような場所がございません。しかしながら、個人のプライバシーに関するご相談につきましては、窓口に仕切りを設けたり、会議室が使用されていた場合であっても、他の方がいない場所などをご案内するなどの対応につきまして指示いたしました。また、庁舎改修後は、他課と共用での相談できる場所を設けますが、他の方が使用中の場合は、会議室の活用などにも応じるよう努めてまいりますので、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る