アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

不妊治療費助成

公開日 2019年04月01日 00時00分

 ふじみ野市では、平成30年度から不妊治療費の助成を行っています。

不妊治療費助成について

対象者

下記のいずれにも該当する人

  1. 助成申請時に法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 助成申請時に夫婦の双方または一方がふじみ野市に住民登録がある
  3. 治療開始時の妻の年齢が43歳未満
  4. 都道府県、指定都市、中核市が実施する不妊治療費助成事業の支給決定を受けている

注意点

ふじみ野市の不妊治療費助成は、都道府県等の不妊治療費助成を受けている人に対し実施します。助成を希望する人は、都道府県等の不妊治療費の申請を先にお済ませください。(都道府県等の不妊治療費助成は所得要件があります。)

治療の内容

平成30年4月1日以降に都道府県等の交付決定を受けた下記の不妊治療

  1. 特定不妊治療(体外受精、顕微受精)
  2. 特定不妊治療の一環として行った男性不妊治療(精巣内精子生検採取法(TESE)、精巣上体内精子吸引採取法(MESA)等)

医療機関

指定医療機関については、埼玉県ホームページ「埼玉県不妊治療費助成事業のご案内」(外部サイト)をご覧ください。

助成額および助成回数

  1. 助成額は、対象となる治療費用から、都道府県等の不妊治療費助成事業で受けた助成額を引いた治療費用
  2. 1年度あたり上限10万円(1,000円未満切り捨て)
  3. 助成回数は、1組の夫婦につき1年度あたり1回、通算6年度まで

申請に必要なもの

  1. 不妊治療費助成申請書
  2. 都道府県等の不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
  3. 都道府県等の不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し(この実施証明書については、都道府県等に提出する前に、コピーしておいてください。)
  4. 指定医療機関が発行する治療費の領収書(原本)
  5. 法律上の夫婦であることを証明できる書類(〈例〉戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等)
  6. ふじみ野市に住民登録があることを確認できる書類
  7. 助成金の振込みを希望する金融機関の口座(名義、番号)が分かるもの
  8. 申請者本人が確認できるもの(〈例〉個人番号カード、運転免許証、パスポート等)
  9. 印鑑(認め印)

注意点

5および6の書類については、次の全てに該当する場合、提出を省略することができます。

  • 夫婦双方がふじみ野市に住民登録がある
  • 同一世帯である
  • 住民基本台帳で5および6を確認することに、夫婦双方の同意が得られる

申請期限

都道府県などの不妊治療費助成事業の交付決定を受けた日から1年以内

申請先

ふじみ野市保健センター 地域健康支援係

〒356-0011 ふじみ野市福岡1-2-5(総合センター「フクトピア」内)

電話番号:049-293-9045

お問い合わせ

保健センター 地域健康支援係
TEL:049-293-9045

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る