アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

上福岡図書館の職員の対応について

公開日 2016年07月26日 15時36分

提案

上福岡図書館に万引き防止ゲートが設置されてから、きちんと貸出手続きをしているにも関わらず「カウンターへお戻りください」と何回か止められた。また、別の時には「(ゲート)が鳴るかもしれないので・・・」と言いながら後ろから職員が着いてきたこともあった。週に何度も利用しているので、その度にまたゲートで止められるのではないかと思うと苦痛だ。正式な手続きをして利用しているのに、まるで万引きしたかのように思われるのは本当に不愉快だ。「鳴るかもしれない」ではなく鳴らないようにきちんと貸出作業をしてほしい。毎回気持ちよく利用したいので、全職員に貸出手続きを完全に周知徹底してほしい。こう頻繁だと迷惑だ。

回答

この度は、上福岡図書館のICゲートで複数回にわたって音が鳴り、ご不快な思いをさせてしまいまして申し訳ありませんでした。
ICゲートについては市民の貴重な財産である蔵書を適切に維持管理するために、上福岡図書館の指定管理者である事業者が自主事業として、平成27年10月1日より設置したものでございます。
この度の誤作動の原因としましては、下記の2点が考えられます。
1点目が上福岡図書館のカウンターでICタグの解除(メッセージが鳴らないようにする処理作業です。)をしない状態で貸出処理をしてしまった場合で、2点目が他市町村から借用したICタグ付き資料について、ふじみ野市では解除できないためにゲートが反応してしまう場合でございます。
今回、原因は調査中ですが、ICタグの解除が正常にできていなかったため、音が鳴ったということが判明しております。
今後は、その原因を究明しこのようなことが起きないよう、担当課を通じ上福岡図書館の指定管理者に対し、ICタグ解除について確実に行うように指示いたしました。また、併せて相互貸借で、他市町村からお借りした図書を貸出す際は、利用者の皆様に丁寧にご説明をするようスタッフに指示をいたしましたので、ご理解くださいますようお願いいたします。
市民の皆様に満足していただき、さらに利用しやすい図書館となるよう指導、改善してまいりますので、今後とも、市政に対しましてご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。
 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る