アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

介護マーク

公開日 2016年09月02日 16時30分

介護マークを配付します!

高齢者が増加する中で、介護が必要な方も増えています。特に認知症などの方への介護は、他の人から見ると介護をしていることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。そのような時に、介護をする方が、介護中であることを周囲に理解していただく目印となるものが「介護マーク」です。

「介護マーク」は、介護する方が介護中であることを周囲に理解していただくため静岡県で考案され、厚生労働省も周知を図っており、市でも「介護マーク」を普及させるため、無償で配布いたします。外出先でこのマークを見かけたら、温かく見守ってください。なお、介護マークは、高齢の方の介護だけではなく、障がいのある方の介護にもお使いいただけます。

介護マーク5

「介護マーク」は次のような場合に、お使いください。

  • 介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき
  • 駅などの公共のトイレで付き添いをするとき
  • 介護者が異性用の下着を購入するとき
  • 病院で診察室に入る際、一見介助が不要に見えるのに一緒に入室するとき

申請方法

対象

市内にお住まいの方で、認知症等の介護が必要な方を介護している介護者

費用

無料

申請窓口

本庁高齢福祉課、支所地域福祉課、高齢者あんしん相談センター

配付物

介護者が窓口で申請した場合、介護マーク付きの名札を配付します。

「介護マーク」をダウンロードもできますのでご利用ください。

介護マーク(印刷用)[PDF:67KB]

お問い合わせ

高齢福祉課 地域支援係
TEL:049-262-9038

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る