アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

外国人居住者について

公開日 2016年09月23日 13時19分

提案

ここ数年で川越や上福岡でやたら外国人をみかける。先日も外国人が駅前でたむろしていたり、車でココネの前の道路にとまったまま3時間いたりしていた。夜に子供の習い事で10PMくらいに家路につこうと駅前をあるいていたら、外国人女性が男性と道端で喧嘩していたり、治安がすごく心配だ。車でクラクションを挨拶がわりなのか何度もならしているのもみかけた。外国人が増えている理由は何か。治安や犯罪が心配だ。

回答

外国人の居住実態については、平成25年では本市人口の約1.5%が外国人の方でしたが、平成28年5月では人口の約1.9%と微増の状況にあります。
また、市内での犯罪発生件数は、平成17年の2,451件をピークに減少傾向にあります。ここ数年をみますと、平成25年1,321件だった犯罪件数も、平成27年1,121件と、数字の上では治安は良くなっている状況でございます。
本市に居住されている外国人の大部分の方には法律やルールを遵守いただいておりますが、ご指摘通り一部マナーが悪い方がいらっしゃるのも事実でございます。しかしながら、同じことが日本人の方にも申し上げることができます。
本市では皆様の安心・安全な暮らしを守るため、商店街の協力で、駅周辺に防犯カメラを設置しているほか、本市が管理する青色パトカーを増車し、市民ボランティアパトロールを強化するなどの防犯対策を行っております。
また、犯罪被害をなくすため、市民一人一人の防犯意識向上を目的に、PTAや自治会の集会等で、職員による防犯講話を行っております。
この度いただいたご意見につきましては、今後の防犯活動の参考とさせていただき、所轄の警察と連携を図りながら、外国人の方はもとより、全ての方の公共マナーの遵守に向けて取り組んでまいりたいと存じます。
 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る