アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

コンビニでの各種証明書発行を可能に、若者が遊べるプールを

公開日 2016年12月21日 15時36分

提案

1.マイナンバーカードを利用したコンビニでの各種証明書発行について、現在は予定なしとのことですが、何年度で予算が組まれるか。マイナンバーを取得する契機・メリットがまったくない
2.大井プールが閉鎖された後、エコパが出来たが、正直に言えば、老齢者向けに思える。バーデプールでは顔もつけられず、泳ぐこともできない。富士見ガーデンビーチが近隣にあるが、脱衣所は古くあまり清潔とは言えない。また、富士見市の施設である。小さい子を育てる家庭も多いふじみ野市としては、ぜひ若い人たちも楽しめるプール施設を作るべきではないか。

回答

まず、マイナンバーカードの活用方法として、ご指摘のとおり、住民票や税、戸籍に係る証明書等のコンビニ交付サービスがあり、実際にこのサービスを導入している市区町村もございます。しかしながら、本サービスを導入する場合、多額の構築費と運用経費が必要となることから、この投資に見合う効果が期待できるのか、慎重に検討を進めていく必要があると考えております。
そのため、何年度に実施できるのか現時点ではお答えできかねることにつきまして、ご理解いただきますようお願いいたします。
なお、マイナンバーカードは、これ1枚で、個人番号の証明と本人確認ができることから、官公庁等への各種申請時の利便性向上に役立つものと考えております。今後も市民の皆様にマイナンバーカードをご活用していただけるように、ご要望や他市区町村の状況などを踏まえ、引き続き調査、研究してまいります。
次に「若者が遊べるプールを」とのご意見につきましてお答えいたします。
ご提案にありますエコパにつきましては、現在建設しております「ふじみ野市・三芳町環境センター」の建設用地内に以前ありました「旧老人福祉センター太陽の家」の代替機能を確保するとともに、さらに利用者の方々が楽しめる施設とするため、国の交付金を活用した環境センターの熱回収施設からの余熱を利用し健康増進を図る施設として、工事の工程上、先行して整備したものであります。
その施設内容でございますが、ご指摘のバーデプールは健康維持・健康増進・健康回復を目的としたプールのため、水温を温かくも冷たくも感じない心身のリラクゼーションに最も適した不感温度の34℃に設定しております。
なお、安全のため保護者同伴が条件になりますが、身長140センチメートル以下で3歳以上のお子様もアーム浮輪を着用することでプールに入水ができます。また、3歳未満の幼児につきましては、6名程度が入れる水深30センチメートルの幼児用プールを用意しております。しかしながら、ご意見にあります泳ぐ事は、前段にも述べましたとおり健康増進を目的としたプールのうえ、水しぶきが他の方のご迷惑になるためご遠慮いただいております。
今後、バーデプールの利用目的は変わりませんが,指定管理者と共に若い方を対象にしたバーデプールプログラムを前向きに検討してまいります。
なお、ご提案にあるような新しいプール施設の建設につきましては、現在のところ予定はございません。しかしながら、水に親しむ機会の提供として夏季の期間、市民の小中学生への川越水上公園プールの利用補助券の交付や幼児・保護者及び小学生低学年を対象に、水遊びと簡単なスイミング指導を含めた夏休み子どもプール事業を展開しておりますので、ご利用いただければ幸いでございます。

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る