アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

窓口対応、電話対応について

公開日 2016年12月22日 11時47分

提案

窓口にいる方、電話に出る方の言葉遣いに一言いいたい。
よく言えばザックバラン、悪く言えば馴れ馴れしいすぎる人がいる。
郵便局もそうだったが、最近では銀行並みに改善され気分のいい対応になってきた。
先日窓口に行った時も私と目があっても、目をそらしたり、他の職員とどっちが立つか譲り合ったり。その時は怒鳴りそうになった。
市役所でも職員に対し接客の基本を教えたほうがいい。私たち市民に対し「お客様」と言ったり、「あなた」といったり統一されていない。「あなた」と言われるとちょっとカチンとくる。
この人は接客について何も教わってないんだろうなという人が何人もいる。
是非接客の基本を教えてほしい。

回答

この度は、本市職員の対応についてご無礼のありましたこと、謹んでお詫び申し上げます。
本市職員の接遇については、「職員一人ひとりが市役所の顔である」という自覚を持つことを目指し、新規採用時から定期的に全職員に対し研修を実施しております。研修を受けた直後は良いものの、時間が経つと自己流に陥りやすい接客や言葉遣いについても、定期的に受講することで修正を図っているところですが、ご指摘いただいたような状況になっていること、大変申し訳ございません。
接客の基本を教えるべき、とのご指摘を踏まえ、今後も接遇研修の更なる充実と、すべての来庁者の皆さまが気持ちよいと感じられる接客になるよう取り組んでまいります。また、接遇の技術的な部分はもちろんのこと、「市民の皆さんがいて私たちの仕事がある」という心の持ち方にも留意し、職員に対し指導してまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。
 

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る