アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

市議会の仕事

公開日 2019年03月05日 12時00分

市議会の仕事

議決

市議会は市政を進めていく上で重要な事柄(条例や予算等)を審議・議決をして、ふじみ野市の将来を決定する議決機関です。
実際の市政を進めていくのは市長や教育委員会などの執行機関です。執行機関は、この議会の決定に沿って仕事を進めることになります。

市議会が議決する主な事項(地方自治法第96条第1項、第2項)

  • 条例を制定、改正、廃止すること
  • 予算を定めること
  • 決算を認定すること
  • 予定価格1億5,000万円以上の工事などの契約を締結すること
  • 予定価格2,000万円以上の財産の取得や処分を決めること(土地は1件5,000平方メートル以上)
  • 損害賠償の額を定めること
  • その他法律などにより市議会の権限とされていること

市政のチェック

市政が正しく運営されているかどうかをチェックすることも市議会の大切な仕事です。条例や予算等を審議・議決するほかに、一般質問を行って市の仕事の状況を聴いたり、問題点を指摘したりしています。

意見書の提出

市民生活に重要な事柄であっても、それが国や県の仕事であって市の力だけでは解決できないこともあります。このようなときには、市議会から関係機関に対して意見書を提出して積極的な解決を求めています。

平成30年中に可決・提出した意見書

議決日 意見書名 提出先
6月15日 旧優性保護法による不妊手術の被害救済を求める意見書 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、厚生労働大臣
9月19日 障がい者雇用の法定雇用率水増しの再発防止を求める意見書 内閣総理大臣、厚生労働大臣
12月14日 被災者生活再建支援法の支援拡充の改正を求める意見書 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(防災)

平成29年中に可決・提出した意見書

議決日 意見書名 提出先
3月23日 国に子ども医療費助成制度を求める意見書 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣
3月23日 大型物流倉庫の実態把握と防火対策の充実を求める意見書 内閣総理大臣、総務大臣、経済産業大臣、国土交通大臣
12月15日 平成29年台風第21号による浸水被害に関する意見書 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(防災)、財務大臣、厚生労働大臣、国土交通大臣

 

なお、意見書の内容は定例会・臨時会のページからご覧になれます。

お問い合わせ

議会事務局 議事調査係
TEL:049-262-9046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る