アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

節水について

公開日 2017年09月15日 09時13分

提案

以前より気になっていましたが公園や噴水。10%取水制限がすでに始まっている。公園での子供の水遊び、悪ふざけしながら 母親も傍にいながら無関心。
公園に来る人達は基本的に近くの方達。汚れたら家に帰って洗えばいいと思う。
いずれにしろ、水不足の時は市役所が率先して水の節約に貢献すべきだと思う。そして市民も水不足を強く認識して節水に協力すると思うが。水不足の3文字に誰もクレームは言えないと思う。
 

回答

近年、「猛暑日」という新しい気象用語が誕生したように、非常に暑い日が増えております。その中で、福岡中央公園の噴水は、身近で気軽に涼を感じることができる施設として、多くの市民の皆様に親しまれているところでございます。
なお、当噴水につきましては、水も溜まらず足元に段差もないため安全性も高く、設置以来、小さなお子様連れの皆様にも好評で、夏を迎えるごとに多くの皆様から噴水の開始を望む声を頂いております。
今年におきましても、水系の渇水状況に注視しながら実施してまいりましたが、7月21日に荒川水系の20%の取水制限がかかりました。そこで、提案にもありますように24日から流水を中止いたしました。再開につきましては、取水制限の状況などを考慮しながら、決定してまいります。
 

お問い合わせ

公園緑地課 公園緑地係
TEL:049-220-2067
広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る