アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

平成30年度事務事業評価

公開日 2018年07月23日 17時03分

事務事業評価

予算事務事業単位で、事務事業評価を行っています。

評価者は、事務事業を所管する課長級職員が行います。

評価の内容(視点)

  1. 実施の必要性
  2. 事業の水準
  3. 執行方法の効率性
  4. 今後の方向性

対象事業

平成29年度に実施した予算事務事業(平成29年度決算)で行いました。

平成29年度実施事務事業総数 404事務事業(人件費除く)

  • 評価対象  388事業(96%)
  • 評価対象外 16事業(4%)

評価対象・対象外区分(主なもの)

区分 事務事業名称
評価対象・対象外区分
対象 〇〇事業、〇〇事務、〇〇補助金、負担金、繰出金
対象外

公社貸付、基金積立金、予備費、償還金、人件費

事務事業の状況

平成29年度で廃止等(他事業への統合、分割、休止を含む)を行った事務事業は38事務事業です。

なお、参考として平成29年度の新規事務事業数は、9事務事業です。

平成29年度 休止・廃止等リスト[PDF:91KB]

(参考)平成28年度 休止・廃止等リスト[PDF:154KB]

評価結果の概要

評価対象事業等の388事業について評価を行った結果、約78%の事務事業が継続事業となりました。評価結果の詳細内訳については、次のとおりです。

評価対象事業の評価結果(今後の方向性)

評価結果
a 拡充 47事務事業
b 継続 285事務事業
c 改善 12事務事業
d 統合 21事務事業
e 縮小 3事務事業
f 休止・廃止 11事務事業
g 完了 9事務事業

お問い合わせ

総合政策部 経営戦略室
TEL:049-262-9000

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る