アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

振り込め詐欺が急増中!

公開日 2019年02月20日 08時30分

振り込め詐欺とは

振り込め詐欺とは、次の4種類を総称したものをいいます。

オレオレ詐欺

 電話で息子や孫などの身内、または弁護士などを装って、「会社の金を使い込んでしまった」「交通事故を起してしまった」などと言って現金をだまし取る。また、警察官、金融機関職員、大型店舗の店員などを装ってキャッシュカードをだまし取る手口も増えてきています。

還付金詐欺

 市役所や年金事務所などの職員を装い、「医療費や年金などの還付金がある」などとウソを言って、コンビニや銀行などのATMに行かせ、携帯電話で還付手続きを指示するふりをして、実際は犯人の口座へ現金を振り込まさせる。また、現金をだまし取るだけではなく、オレオレ詐欺と同様に言葉巧みにキャッシュカードをだまし取る被害も多く発生しています。

融資保証金詐欺

 融資の予定が無いにもかかわらず、融資の勧誘を郵便やインターネットを使うなどして連絡し、融資を申し込んできた者に対し、保証金などの名目で指定した口座に現金を振り込ませる。

架空請求詐欺

 郵便、インターネットなどを利用して不特定多数の者に対し、有料サイトの利用料金やテレホンサービスなど、「架空」の事実を口実に料金を指定した口座に振り込ませる。最近では、コンビニエンスストアなどで購入できるネット決済専用のプリペイドカードで支払いをさせる被害も多くなってきています。

振り込め詐欺の現状

 平成30年中、埼玉県内で1,420件(被害総額約25億円)の振り込め詐欺被害が確認され、年々被害は増加しています。

 ふじみ野市内でも33件(被害総額約2,933万円)の被害があり、被害が深刻となっています。

 最近では、犯人の手口も巧妙かつ複雑なものとなっていて、現金のほかキャッシュカードをだまし取る被害も多く発生しています。

振り込め詐欺の手口

親族を装った手口

 息子や孫などになりすまして、「カバンをトイレに忘れてしまった。」「会社の書類をなくしてしまい、損失を出してしまった。」「会社の金を使い込んでしまった。」などと言って、お金が急に必要になったことを告げて、振込を依頼したり、上司や同僚が現金を取りに行くといって現金の手渡しを指示し、現金をだまし取る手口。

市役所や税務署の職員を装った手口

 市役所の保険課職員や税務署の職員などになりすまして、「医療費や税金の還付金がある。」「還付も手続きは、ATMでできます。」などと言い、言葉巧みにATMで現金の振り込み操作をさせて現金をだまし取る手口。また、「手続きには、キャッシュカードを交換する必要がある。」など言い、金融機関の職員が自宅まで来て、キャッシュカードをだまし取る場合もあります。

警察官や金融機関職員を装った手口

 警察官になりすまして、「◯◯警察の△△だが、あなたの口座が犯罪に使われていた。」「暗証番号を変更しないと預金が下ろせなくなるので、本人確認のため暗証番号を教えて欲しい。」「これから、キャッシュカードを取りに行く。」などと言い、自宅まで来てキャッシュカードをだまし取り、聞き出した暗証番号とだまし取ったキャッシュカードを使い口座から現金を引き出してしまう手口。  

大型店舗の店員を装った手口

 大型店舗の店員になりすまして、「◯◯電気店ですが、あなたのカードを使って今、買い物をしている人がいます。」「警察に通報したので、警察から連絡が行くと思います。」などと連絡をした後に、別の警察官になりすました犯人から「◯◯警察の△△だが、あなたのカードが犯罪に使われているので、至急カードを交換する必要がある。」などと言ってカードをだまし取る手口。                        

 ハガキによる手口

 訴訟最終告知などと記載された下記のようなハガキを不特定多数の者に対して送りつけ、心配して連絡してきた者に、「裁判の取り下げをするために費用がかかる。」などと言い、現金をだまし取る手口。また、最近では、パソコンや携帯電話に同様のメールを送る手口も多くなっています。

ハガキ (1)実際に送られてきたハガキ

被害防止策

1.自分で番号確認をして連絡をする

相手に言われた電話番号を信じることなく、電話帳や電話番号案内(104)などで調べて、正しい電話番号に自分から確認電話をする。

2.日頃から家族と十分に連絡をとっておく

ご家族と普段から連絡を取り合い、振り込め詐欺の対策について話し合いをしたり、合い言葉を決めたりしていると、詐欺電話がかかってきたときに落ち着いて電話を受けることができます。

3.留守番電話設定を活用する

在宅中でも留守番電話設定にすることで声を録音されることを嫌がる犯人は電話をかけることを諦めます。

4.振り込め詐欺対策機能のある電話機や対策機器を活用する

自宅の電話機の呼出音が鳴る前に犯人に警告のアナウンスが流れ、会話を自動録音する機能がついている電話機や機器を活用することで犯人からの電話を防止することができます。警告のアナウンが流れている間に犯人は電話を切ってしまい直接電話に出ないですむため、被害防止に有効です。
 

ふじみ野市では、振り込め詐欺対策機能のある電話機または、対策機器の購入費(購入費の2分の1、上限5,000円)を補助しています。

詳しくは振り込め詐欺対策電話機等購入費を補助します」のページをご覧ください。

お問い合わせ

危機管理防災課 防犯係
TEL:049-262-9052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る