アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

新型コロナウイルス感染症・相談窓口について

公開日 2020年02月19日 09時00分

現在、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連した感染症が確認されています。国内でも、新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者発生が確認されています。

最新情報については、厚生労働省ホームページ(外部サイト)で報道発表資料をご確認ください。

市民の皆さまへ

埼玉県では、新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口を設置しています。
湖北省または浙江省への渡航歴や患者との濃厚な接触をしたと考えられる市民の方で、37.5度以上の発熱や咳などの呼吸器症状がある場合には、医療機関を受診するべきかどうかなどの相談ができます。

医療機関への受診の前に、まずは相談窓口へご相談ください。

埼玉県の帰国者・接触者相談窓口

相談窓口

平日昼間(8時30分~17時15分)

  • 朝霞保健所 048-461-0468

(参考)埼玉県ホームページ「保健所の連絡先一覧」(外部サイト)

土曜・日曜昼間(8時30分~17時15分)

  • 埼玉県 保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当 048-830-3557

夜間(17時15分~8時30分)

  • 埼玉県救急電話相談 #7119   

(注1)#7119は、新型コロナウイルスに限定した窓口ではないため、下記「医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者」に該当しない場合でも、24時間365日相談は可能です。

(注2)夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力昼間の時間帯での相談をお願いします

厚生労働省の電話相談窓口

  • 電話番号 0120−565−653(フリーダイヤル) 
  • 受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付致します。

医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者

下記のいずれかの要件を満たす方

  1. 37.5℃以上の発熱又は呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈するものであって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴がある方
  2. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省に渡航又は居住していた方
  3. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴がある方

医療機関への相談・受診の目安

以下のいずれかに該当する方

  ・風邪の症状や37.5度以上発熱4日以上続いている
   (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

  ・強いだるさ倦怠感)や息苦しさ呼吸困難)がある

 ※高齢者基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

感染予防対策にご協力ください

  1. 手洗い
  2. 咳エチケット
  3. 正しいマスクの着用

感染症対策[PDF:2MB]

マスクについてのお願い」[PDF:1010KB]

関連リンク

お問い合わせ

保健センター 健康推進係
TEL:049-264-8292

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る