アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

定例記者会見(令和2年2月12日)

公開日 2020年02月13日 10時30分

(1)令和2年第1回ふじみ野市議会定例会提出議案について

(2)その他

令和2年度予算の成立を条件としている事業が含まれています。

ふじみ野市成年後見センターを4月1日に開設

 ふじみ野市では、認知症、知的障害その他の精神上の障害があることにより財産管理等の日常生活に支障がある方が成年後見制度を的確に利用できるよう支援する目的で、ふじみ野市成年後見センターを開設します。

開設日

令和2年4月1日

場所

ふじみ野市社会福祉協議会大井支所(ふじみ野市大井中央2-2-1、大井総合福祉センター4階)

事業の内容

  1. 成年後見制度に関する相談及び利用支援
  2. 成年後見制度に関する広報及び啓発
  3. 市民後見人の養成及び市民後見人候補者の支援
  4. 法人後見に関する事項
  5. 成年後見制度に係る関係機関との連携
  6. その他、市長が認める事項
問い合わせ

高齢福祉課(TEL 049-262-9038)

〈県内初〉緑内障検診を開始

 自覚症状が無く進行する緑内障や、生活習慣や加齢によっておこる様々な眼科疾病を早期発見し、早期治療につなげるために成人の眼科検診(緑内障検診)を埼玉県内で初めて実施します。

実施期間

令和2年6月1日から11月30日まで

場所

市内実施医療機関

対象

ふじみ野市在住で、当該年度に46歳、56歳になる方を個別検診の対象とし、検診対象者には5月中に受診券(ハガキ)を発送します。

検診費用

自己負担は1,000円 ※生活保護受給者は無料

備考

緑内障は、視神経に異常が起こり、視力や視野の障害が引き起こされる病気で、その有病割合は40歳以上で約5%と推定されています。また、潜在緑内障患者の9割は自分では気づいておらず、治療を受けていないと言われていることからも早期発見・早期治療が大変重要となります。
今回実施する緑内障検診は、視神経の断面を撮影できる機器を使用することで、より精度の高い検査が可能となります。

問い合わせ

保健センター(TEL 049-262-9040)

マイナンバーカード交付窓口の時間を延長します

 現在、マイナンバーカードの交付については、平日に仕事等で来られない方の多くが、本庁及び大井総合支所の日曜開庁日に来庁されている状況となっています。
そのため、3月から毎週木曜日に窓口の時間延長を行います。

日時

毎週木曜日 午後7時まで

場所

ふじみ野市役所本庁舎 市民課及び大井総合支所市民総合窓口課

内容

マイナンバーカードの交付については、本人限定郵便による受取り方法以外は、指定された交付場所(本庁市民課又は大井総合支所市民総合窓口課)に直接、市民の方が来庁されて受け取ることになっています。
市といたしましては、平日でも市民の方が仕事帰りにマイナンバーカードを受け取ることができるようにするため、平日の窓口の時間延長を実施するものです。

※証明発行等、マイナンバーカード以外の業務については実施いたしません。

問い合わせ

市民課(TEL 049-262-9018)
大井総合支所市民総合窓口課(TEL 049-220-2062)

(仮称)東地域文化施設 多目的棟の大規模改修工事

 ふじみ野市では、令和2年4月から(仮称)東地域文化施設 多目的棟の大規模改修工事に着手し、令和3年4月にリニューアルオープンします。
 また、(仮称)西地域文化施設の整備及び(仮称)東地域文化施設 ホール棟の基本設計等に着手するなど、新たなふじみ野の文化と人の交流拠点の整備を進めてまいります。

場所

ふじみ野市福岡1-1-8

工事期間

令和2年4月から令和3年2月まで(令和3年4月リニューアルオープン予定)

問い合わせ

文化・スポーツ振興課(TEL 049-262-8124)

お問い合わせ

広報広聴課 広報広聴係
TEL:049-262-9003

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る