アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

「ふじみん元気・健康ポイント」~歩いて、測って、ポイント貯めよう!~

公開日 2019年05月10日 00時00分

新規参加者を募集します

詳しくは、ふじみん元気・健康ポイント リーフレット[PDF:1MB]をご覧ください(市報ふじみ野令和元年5月号と同時に市内に全戸配布しています)。

参加条件

  1. 市内在住で18歳以上の方(高校生は除く)
  2. 3年間事業を継続できる方(令和元年度にお申し込みの方は令和3年度の事業までとなります(自動的継続))
  3. 市が実施するアンケートに協力できる方

※ペースメーカー等、体内機器装着者は、装着している機器に影響を与える可能性があるため、体組成計のご利用ができません。ご了承の上、お申し込みください。

募集人数1,000人

  1. 活動量計参加者:800人(活動量計は市より貸与します。3年間の事業終了後は、そのまま保持してご利用になれます。)
  2. スマートフォン参加者:200人(ご自身のスマートフォンに、タニタの専用アプリをインストールして使っていただきます。)

 参加費用

756円

※ご自宅に機器等をお届けする際に、送料756円(税込)をご負担いただきますので、配送事業者に直接お支払いください。

※活動量計の再購入やスマートフォン参加者専用計測カードの再発行には、実費のご負担が必要となります。

申込期間

令和元年5月13日(月曜日)〜6月28日(金曜日)

※当日消印有効

申込方法

次のいずれかの方法で申し込む

  1. 郵送「参加同意書兼申込書」に記入の上、封筒に入れ保健センターへ郵送する。
  2. 窓口来所「参加同意書兼申込書」に記入の上、保健センターまたは、大井総合支所市民総合窓口課の窓口に提出する。
  3. インターネット 電子申請・届け出サービスのページから申し込む

※令和元年度「ふじみん元気・健康ポイント」参加申し込み「利用者登録せずに申し込む方はこちら」から進み、メールアドレスを登録していただくと、申込用URLがメールで届きます。

※インターネット申込で「寄附」を選択した方は。参加決定後に「委任状」を保健センターへ郵送または持参していただきます。

参加決定

参加決定した方には、機器等の発送をもって、参加決定のお知らせとかえさせていただきます。

※8月中旬から順次、機器等をご自宅にお届けします。

 

「ふじみん元気・健康ポイント」とは?

健康に対する関心を高め、健康的な生活習慣を実践する行動変容のきっかけとなるよう、動機付けとなる健康マイレージの仕組みを取り入れた健康づくり事業です。本事業は医療費の適正化や、市民の健康寿命の延伸を図り、元気・健康による好循環のまちを目指して実施しています。

 

令和元年度「ふじみん元気・健康ポイント」の流れ

令和元年度「ふじみん元気・健康ポイント」の流れ

  • 令和元年度ポイントは令和2年1月31日までが対象です。なお、ポイント送信期限は令和2年2月15日までです。月末にまとめてデータを送信している方は、特にご注意ください。2月16日以降、事務局にてポイントを集計し、3月末に商品券等を発送(ポイント交換)いたします。
  • 平成29年度から参加の方は、令和元年度が3年間の事業最終年度となりますので、令和元年1月31日時点で5,000ポイントを越えた場合の超過ポイントの繰越はできません。 なお、令和2年4月からの「活動量計」「スマートフォンアプリ」の使用等に関する詳細につきましては、3月末に発送する「ポイント交換」のお知らせと一緒にご案内します。

 

ポイントについて

令和元年度のポイント一覧は下記のとおりです。

ポイントの種類

※歩数データは30日に最低1回送信する必要があります。活動量計を使って参加する人は、活動量計に保存した歩数を市内に設置してある専用端末を使って、歩数データをポイントに反映する必要があります。

※ポイント対象事業は市報等でお知らせいたします。事業の内容等の詳しいことは、各事業を実施する担当課や施設へお問い合わせください。

※ポイントの反映には時間がかかります。

 

元気・健康メニュー

市が認定する「元気・健康メニュー」を食べるとポイントが貯まります。

市では、健康に配慮した食事を選べる環境づくりを目指し、「元気・健康メニュー」の認定を行っています。現在、市内9箇所の店舗等が協力店としてメニューを提供しています。

店舗及びメニューは、元気・健康メニュー店舗一覧[PDF:1MB]をご確認ください。

ポイントの流れ

  1. 元気・健康メニューを食べる

※1人1回の利用につき10P(1か月あたり最大100P)

※同じ店舗等を月に複数回利用することも可能

  1. 利用した店舗等で、下記「元気・健康メニュー証明書」をもらう
  2. 「元気・健康メニュー証明書」に必要事項を記入し、保健センター(フクトピア内)窓口か大井総合支所窓口へ提出する

※証明書は、月ごとにまとめて提出してください。

※最終届出期限:令和2年1月31日(金曜日)までにお食事した「元気・健康メニュー証明書」を令和2年2月14日(金曜日)までに提出してください。

  1. ポイントの付与

※提出していただいた月の翌月末までに付与します(ポイントは、すぐに反映されません)。

 

日々のからだ測定ポイント

平日の午前8時30分~午後5時15分の間、保健センター(フクトピア内)の窓口横に測定機器を常設しています。筋肉量や体脂肪率を測ることができ、毎月1回自主的に自身の身体状況を測定すると50ポイントが付与されます。

※2月はポイント集計期間となるためポイントの付与はありません。

令和元度の土日計測可能日は、令和元年度(土・日計測機器の設置日程)[PDF:52KB]をご確認ください。

リーダーライター設置場所

店舗の閉店等に伴い、設置場所が変更となる場合があります。現在の設置場所は添付ファイルをご確認ください。

リーダーライター設置場所(H30.8.27〜)[PDF:46KB]

活動量計使用上の注意

活動量計は湿気、水濡れ、高温、衝撃等に弱い機器です。取扱いには十分気を付けてください。

なお、活動量計が故障した場合、手続きは保健センター(フクトピア内)窓口にて対応します。

※必ず来所前に電話連絡をお願いします。

故障原因の例
  • 衣類と一緒に洗濯してしまった。
  • 炎天下の自動車内に放置してしまった。
  • ポケットに入れたまま横になり、圧力をかけてしまった。
  •  

お知らせ

参加者の皆さまへお知らせするべきことなどを市報や市ホームページおよび、からだカルテホームページ「お知らせ」、マイレージ通信などを通して発信していきますので、参加者の皆さまもご自身が活用する媒体のチェックをお忘れないよう、お願いします。

マイレージ通信

【H30.9発行】マイレージ通信(H30.9)[PDF:256KB]

【H31.1発行】マイレージ通信(H31.1) [PDF:342KB]

 

「ふじみん元気・健康ポイント」に歩数計アプリで参加の方へ

現在、利用中の歩数計アプリにおいて、「加速度センサー」が自動的に「オフ」になり、測定が停止してしまう事象が発生しています。

対応として、1日ごとにアプリを終了させる(1日の終わりにアプリを「終了」させ、1日の始まりに「立ち上げる」など)ことで、アプリが停止しにくくなります。

※アプリは長時間連続して起動していると「固まる(フリーズ)」といった状態になりやすくなります。

しかし、上記対応をおこなっている場合も、利用中に「加速度センサー」が「オフ」になることがありますので、アプリ内の「加速度センサー」の確認はまめにしていただくようにお願い申し上げます。

アプリ参加者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご対応よろしくお願いいたします。

各種手続きに関する様式

手続きが必要な事案が発生した場合は、元気・健康マイレージ事務局(TEL:049-293-9189)へ必ず電話にて連絡をお願いいたします。

結婚や住所変更(市内での転居)等、申し込み時の登録情報を変更する場合。

参加登録情報変更届[PDF:37KB]

参加者の諸事情(転出・事故・病気・死亡等)により、途中で活動を辞退する場合。

参加辞退届[PDF:28KB]

参加方法を変更(スマートフォンから活動量計への変更等)する場合。※参加期間中1度のみ

参加方法変更[PDF:30KB]

活動量計を故障・紛失してしまった場合

活動量計購入申込書[PDF:16KB]

実費負担3,240円(3,000円+消費税)となります。手続きについてご案内をしますので、必ず来所前に元気・健康マイレージ事務局(電話049-293-9189)へ電話連絡をお願いいたします。

平成29年度・平成30年度「ふじみん元気・健康ポイント」参加者への資料

からだカルテの使い方(平成30年度参加者用)

からだカルテの使い方(平成30年度版)[PDF:4MB]

歩数計アプリの使い方(平成30年度アプリ参加者用)

歩数計アプリの使い方(平成30年度版)[PDF:2MB]

 

お問い合わせ

保健センター 健康推進係
TEL:049-264-8292

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る