アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

12月4日から10日は人権週間、12月10日から16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間です。

公開日 2018年12月01日 00時00分

 国際連合が1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において世界人権宣言を採択したことを記念して、法務省と全国人権擁護委員連合会が、1949年(昭和24年)から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を、「人権週間」と定め、様々な取り組みを進めています。


 また、北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、平成18年6月に、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 平成28年には、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(いわゆる「障害者差別解消法」)」、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(いわゆる「ヘイトスピーチ禁止法」)」、「部落差別の解消の推進に関する法律(いわゆる「部落差別解消推進法」)」が施行されています。

 この機会に改めて「人権」について考えてみませんか?

 

 

お問い合わせ

市民総合相談室 人権推進係
TEL:049-262-9001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る