アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

【くらしの110番】布団(打ち直し)を勧誘する訪問販売トラブルにご用心!

公開日 2017年11月10日 00時01分

【くらしの110番】トラブル情報

布団(打ち直し)を勧誘する訪問販売トラブルにご用心!

訪問販売による布団購入、布団の打ち直し(クリーニング)に関する契約トラブルの相談が寄せられています。業者から強引な勧誘を受けたり、断っても執拗に何度も勧誘を受けたりするケースも見られます。

中には、一人暮らしや判断力が不十分な高齢者などを狙い、契約書や領収書を渡さないばかりか業者名なども明かさずに売りつけたり、何回も高額な契約をさせたりする悪質な事例も見られます。このような被害を未然に防ぎ、拡大させないためには周りの方の見守りが不可欠です。

消費者へのアドバイス

  1. 必要のない訪問はきっぱりと断り、業者をむやみに家の中に入れないことが大切です。
  2. 家族や近所の人も、特に高齢者宅などに不審な訪問者が来ていないか、不要な品物が大量にないか、不審な契約書がないかなど日頃から気を配りましょう。市の担当課や地域包括支援センターとの連携が有効なケースもあります。
  3. 認知症などの症状が見られる場合は、成年後見制度の利用も検討してみてください。
  4. 契約してもクーリング・オフや契約の取消しができる場合もあります。1人で悩まずまずは消費生活センターに相談してください。また、断っても家に入られたなど不安なことがあれば警察にも相談しましょう。
  5. インターネットの検索サイトで「消費生活センター」と検索すると、事業者の広告が表示されることがあります。「公式窓口」など、いかにも公的機関を装って記載されていたとしても、本当に消費生活センターのサイトなのか、自治体のホームページ内のリンクを使って電話番号を調べたりして、よく確認しましょう。
  6. 困ったときは、すぐにお住まいの公的な消費生活相談窓口(ふじみ野市消費生活センター TEL:049-263-0110)に相談しましょう。消費者ホットライン全国共通局番なし 188(「188(いやや)!泣き寝入り!!」と覚えてください。)では、お近くの公的な相談窓口につながります。

参考

相談事例(埼玉県消費生活支援センター)はこちら

お問い合わせ

市民総合相談室 消費生活センター
TEL:049-262-9026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る