/

アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

自立支援医療費(精神通院医療)経過的特例措置延長

公開日 2018年03月30日 16時25分

自立支援医療費(精神通院医療)経過的特例措置延長のお知らせ

 厚生労働省より、自立支援医療費(精神通院)における経過的特例措置の延長を決定するという政令が、平成30年3月30日に官報に掲載されました。

 この決定により、所得区分が一定以上の方の有効期限が、平成33年3月31日まで延長されることとなりました。

 所得区分が一定以上の方がお持ちの自立支援医療費受給者証の有効期間欄には、以下のような記載があります。

 平成○○年○月○日から平成30年3月31日まで

 ただし、経過的特例が延長された場合は平成○○年○月○日まで。

 この場合に再認定受付期間は平成○○年○月から3カ月間とする。

経過的特例措置の延長が決定されましたので、但し書きに記載されている期限が有効期限となります。

 

また、再認定の受付期間も有効となりますので、申請の際はご注意ください。

例)但し書きの標記が「平成30年8月31日まで」の方は、平成30年6月1日から申請受付

 

現在申請中の方のお手元にある申請書控えは有効になりますので、破棄等されないようお気をつけいただくとともに、

交付通知書が届くまでお待ちください。(概ね、申請日より2カ月ほどかかります)

ご不明な点がありましたらお問い合わせください。

お問い合わせ

障がい福祉課 障がい福祉係
TEL:049-262-9032

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る