アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

令和元年度第1回企画展「戦時代用としての陶器」

公開日 2019年07月25日 09時00分

戦時代用としての陶器ポスター

 戦争中の金属不足の対応としての代用に作られた陶器製の品物たち。日用品からはじまりついには兵器まで陶器で作る末期的症状へ至る戦時中の異常事態を資料からさぐります。

会期予定

令和元年7月27日(土曜日)~9月1日(日曜日)

会場

上福岡歴史民俗資料館2階ホール(長宮1-2-11)

展示内容

  • 戦争による金属の軍事優先への風潮・代用品

  • 金属供出令の例

  • 陶製手榴弾・陶製地雷(陶器製兵器)

学習講座「学徒が語った陶製手榴弾と陶製地雷」(上福岡歴史民俗資料館友の会共催)

 市内にあった陸軍造兵廠や近隣にあった民間火薬工場に動員された学徒だった方より聞き取った証言などから、判明した当時の状況について語っていただきます。

日時

令和元年8月24日(土曜日)午後1時30分から

場所

上福岡歴史民俗資料館 2階研修室

定員など

50名(申込順)

※参加費無料

講師

高木文夫さん(ふじみ野市文化財保護審議会委員)

申込み

令和元年8月6日(火曜日)午前9時より上福岡歴史民俗資料館に電話か窓口で申込む

地図

上福岡歴史民俗資料館

お問い合わせ

上福岡歴史民俗資料館 学芸係
TEL:049-261-6065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る