アクセシビリティツール

本文へ移動

よみあげ

住宅金融支援機構が発行するグリーンボンドへの投資について

公開日 2019年07月17日 08時15分

 ふじみ野市では、基金に属する現金の効率的な運用を目指して、平成29年度から、国債等の購入による債券運用を開始しました。

 そしてこの度、この債券運用を通じた環境分野への取り組みとして、独立行政法人住宅金融支援機構が発行するグリーンボンドへの投資を実施することといたしました。

 グリーンボンドとは、地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど、環境分野への取り組み(グリーンプロジェクト)に特化した資金を調達するために発行される債券です。

 住宅金融支援機構は、民間金融機関と連携して、省エネルギー性能や耐震性などが優れた住宅を取得する場合に一定期間の金利引き下げを行う優良住宅取得支援制度を実施しており、本グリーンボンドは、この支援制度のうち、「省エネルギー性に関する技術基準」を満たす新築住宅を対象としており、これらの住宅ローン債券の買い取り代金を資金使途としています。住宅金融支援機構は、このグリーンボンド発行を通じて「省エネルギー性能の高い住宅」の更なる普及に貢献しています。

 なお、本グリーンボンドは、環境省が示す「グリーンボンドガイドライン2017年版」に適合するものとして、外部レビュー機関から確認を受けています。

 ふじみ野市は、家庭から出る1日1人あたりのゴミ量が少ない都市として、4年連続県内1位になるなど、環境分野に積極的に取り組んでいます。今後におきましても、環境負荷の低減等、持続可能な社会の形成に向けた社会的責任を果たしてまいります。

 

お問い合わせ

会計課 会計係
TEL:049-262-9044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

ページトップに戻る