新型コロナワクチン接種 よくある質問

更新日:2021年07月20日

ワクチン接種に要する自己負担はありますか

全額公費で負担するため、自己負担はなく無料で接種できます。

ワクチンの接種は強制ですか

強制ではありません。新型コロナウイルスワクチンの特徴や感染予防の効果、副反応のリスクなどについてご理解いただいた上で、自らの意思で接種を受けていただくことになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

ワクチンはいつから接種できますか

満12歳以上の方に接種券を送付しました。市では、市内の医療機関と協力して個別接種・集団接種を進めており、接種を希望するすべての人が、一日も早く2回の接種を終えられるよう、体制を整備していますので、慌てずに予約をしてください。

 

令和3年度に12歳の誕生日を迎える方や、7月15日以降にふじみ野市に転入された方の接種券につきましては、「接種券発送情報」のページをご覧ください。

基礎疾患のある人、高齢者施設従事者やその他の人は接種時期につきましては、「接種の優先順位・開始時期」のページをご覧ください。

ふじみ野市でのワクチン接種に関しての相談先はどこですか

令和3年3月から電話での相談・問い合わせ窓口として、ふじみ野市新型コロナワクチン接種サポートセンターを設置しています。

電話番号

049-293-3722

(注意)お掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。番号をよくお確かめの上、お掛け間違いにご注意ください。

問合せについて

ワクチン接種に関する問合せは、すべてサポートセンターでお受けしております。つながりにくい時間もございます。ご了承ください。
集団接種会場(イオンタウンふじみ野)への問合せはご遠慮ください。

 

受付時間

午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日も受付)

かかりつけ医が市外の医療機関ですが、そこで接種できますか?

市外の医療機関に通院しているなどのやむを得ない事情がある場合は、ふじみ野市が発行した接種券を使って受けることができます。
ただし、自治体によって対応が異なりますので、事前に通院先や医療機関所在地の自治体にお問い合わせください。

障がいがあり、接種会場まで一人で行けません。

障害福祉サービスまたは地域生活支援事業の受給者証をお持ちで、居宅介護(通院等介助)、重度訪問介護、同行援護、行動援護、移動支援などの外出支援サービスをご利用されている方は、これらのサービスを利用して接種会場までお越しいただけます。

また、聴覚障がい者の方は手話通訳者の派遣ができます。

接種会場までの移動に障害福祉サービスなどの利用を希望される方は、事前に障がい福祉課へ相談ください。

障がい福祉課

電話番号:049-262-9032(直通)
ファクス番号:049-263-7119

    

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種推進チーム

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-264-8292​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ