危機関連保証

東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)及びセーフティネット保証の保証限度額(2.8億円)とは別枠(2.8億円)で借入債務の100%を保証する制度です。

(注意)保証対象業種に限る。

危機関連保証について詳しくは最寄りの信用保証協会へお問い合わせください。

対象者

新型コロナウイルス感染症の影響により、経営に支障を来している次の中小企業者

原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。

内容(保証条件)

  1. 対象資金:経営安定資金
  2. 保証割合:100%保証
  3. 保証限度額:一般保証等とは別枠で2億8千万円

申請書類

  1. 申請書2通(ホームページよりダウンロード可)
  2. 最近3カ月および前年同期3カ月の売上が確認できる試算表等の写し(各月の売上が確認できる書類)
  3. 法人の場合、商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  4. 個人の場合、直近の確定申告書の写し
  5. 本人以外が申請する場合は委任状
  6. その他必要と思われる書類

申請書については、ふじみ野市役所産業振興課窓口にご提出ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 商工労政係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9023
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年04月07日