新型コロナウイルス感染症の「通知サービス」を利用しましょう

新型コロナウイルス感染症がまん延するなか、さらなる感染拡大を防ぐため、厚生労働省や埼玉県では、陽性者と接触した可能性がある場合に、通知を受けることができる、通知サービスを提供しています。

厚生労働省が提供する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA〈ココア〉)」や「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」などの通知サービスを利用することで、検査の受診などについて、保健所等に相談することができます。

利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されますので、ご自身やご家族、ご友人、そして地域を感染拡大から守るために、ご利用ください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」

COCOAとは、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができる、スマートフォン専用のアプリです。

詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

埼玉県LINEコロナお知らせシステム

利用した施設などに感染者がいたことが分かった場合、注意喚起のメッセージを受け取ることができます。

詳しくは、埼玉県ホームページをご覧ください。

施設利用者の利用方法

  1.  施設やお店に掲示してあるQR コードを、訪問するたびにスマートフォンで読み取る(読み取り完了メッセージが届けば完了)。
  2.  QR コードを掲示している施設やお店を訪れた人が新型コロナウイルス陽性となった場合、同時刻にその施設やお店を利用し、感染者と濃厚接触した可能性のある人に、窓口への相談を促すメッセージがLINEで届く。

事業者の利用方法

  1.  県ホームページのQR コード発行フォームで申請する。
  2.  県がQR コードを発行する。
  3.  県が発行したQR コードを受付や入口などに掲示し、施設やお店に来た人に読み取りを呼びかける。

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 健康推進係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-264-8292
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2020年08月12日