新型コロナウイルス感染症予防・相談窓口

市民の皆さまへ

埼玉県では「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」を開設しています。

曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターをご紹介いたします。

医療機関への受診の前に、まずは相談窓口へご相談ください。

相談窓口

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

電話番号 0570-783-770(24時間受付)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、ファクスを御利用ください。
(ファクスによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。)

保健医療部保健医療政策課 ファクス:048(830)4808
朝霞保健所 ファクス:048-461-0133

厚生労働省の電話相談窓口

電話番号 0120-565-653(フリーダイヤル)
受付時間 午前9時から午後9時(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方は、ファクス(03-3595-2756)をご利用いただくか「一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談の目安

以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい方(注釈1)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(注釈1)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方。妊娠中の人は、重症化しやすい人と同様に、早めに相談してください。

  1. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック[第2版]

東北医科薬科大学より、「新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック[第2版]が作成されました。感染症予防のために、ぜひご活用ください。

なお、活用の際は、下記についてご注意ください。

  • 印刷・配付については、出典を明記してください。
  • ハンドブックの内容を、改変、追記、一部引用、翻訳、商用目的などは禁止されています。
  • ハンドブックについて、電話・メールなどでの問い合わせは受けつけていません。

監修:賀来 満男(東北医科薬科大学医学部特任教授・東北大学名誉教授)
作成:東北医科薬科大学病院感染制御部
東北大学大学院医学系研究科総合感染症学分野
仙台東部地区感染対策チーム

感染症予防対策にご協力ください

  1. 手洗いをしましょう。
  2. 咳エチケットを守りましょう。
  3. こまめに消毒や換気をしましょう。
  4. 生活リズムを整えましょう。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 健康推進係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-264-8292
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2020年03月23日