子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、子育て世帯の実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

ひとり親世帯の方も対象者になりますが、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給対象となった児童は本給付金の支給対象にはなりません。

支給対象児童

平成15年4月2日から令和4年2月28日までに出生した児童
なお、特別児童扶養手当(注1)を受給する一定の障がいがある児童の場合、平成13年4月2日から平成15年4月1日までに出生した児童も対象になります。

(注1)  特別児童扶養手当とは、法令により定められた程度の障がいの状態にある20歳未満の児童を監護している父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)、または父母にかわって児童を養育(児童と同居し、監護し、生計を維持)するかたに支給される手当。

支給対象者

支給対象児童を養育しているかたのうち、以下の1から4のいずれかに該当するかた

令和3年度市民税均等割(注1)が非課税で、

  1. 令和3年4月分の児童手当もしくは特別児童扶養手当を受給しているかた
  2. 令和3年4月分の児童手当もしくは特別児童扶養手当を受給している公務員のかた
  3. 平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童のみ養育するかた

令和3年度市民税均等割は課税であるが、
    4. 令和3年1月以降の家計が急変し、市民税非課税相当の水準以下となったかた

(注1)  市民税については下記ふじみ野市ホームぺージの「個人住民税の概要」をご覧ください。

支給額

支給対象児童1人あたり 50,000円

支給に必要な手続き

(1) 令和3年度市民税均等割が非課税で令和3年4月分の児童手当もしくは特別児童扶養手当を受給しているかた(公務員を除く)

支給を受けるための申請は不要です。

支給日

令和3年7月15日(木曜日)

ただし、下記1か2に該当するかたは児童手当もしくは特別児童扶養手当の必要な手続きを行った後に随時支給となるため、令和3年7月15日の支給にはなりません。

  1. 児童手当や特別児童扶養手当の現況届を提出されていないかた
  2. 出生等で令和3年5月から令和4年3月までの間に児童手当や特別児童扶養手当の新規認定(増額改定を含む)を受け、支給を開始したかた

支給方法

児童手当もしくは特別児童扶養手当の登録口座へ振込

受給を希望されないかた

令和3年7月14日(水曜日)までに受給拒否の届出書を御提出ください。提出いただいたかたも一度支給になりますが、後日返還方法についてご案内いたします。

(2) 令和3年度市民税均等割が非課税で令和3年4月から令和4年3月までのいずれかの月で児童手当を受給する公務員のかた

児童手当を職場から支給されている公務員のかたで、令和3年度市民税均等割が非課税のかたに給付金を支給します。

支給を受けるためには申請が必要です。

必要書類

(注意)申請書3ページ目の「公務員児童手当受給状況証明欄」に児童手当の支給を受けている職場より証明を受けて提出してください。

添付書類

  1. 申請者名義の受取口座が確認できる書類の写し(通帳、カード等)
  2. 申請者の本人確認書類の写し(免許証等、公的証明書等)

    以下は該当するかたのみ必要です。
  3. (支給対象児童と別居しており、児童が市外に在住している場合)児童の住民票
  4. (申請者が児童の未成年後見人である場合)児童の戸籍抄本、未成年後見人であること及び児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式1)
  5. (申請者が里親である場合)対象児童が委託されていることを明らかにできる書類
  6. (申請者が児童の祖父母など養育者である場合)児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式2)

(注意)申請は必要書類が全て揃った状態で受付します。 

支給日

申請受付後、翌月末を目安に支給
支給日の前に、支給または不支給決定通知を送付します。

支給方法

申請時に提出された申請者名義の口座へ振込

(3) 平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童のみ養育するかたで令和3年度市民税が非課税のかた

支給を受けるためには申請が必要です。

必要書類

添付書類

  1. 申請者名義の受取口座が確認できる書類の写し(通帳、カード等)
  2. 申請者の本人確認書類の写し(免許証等、公的証明書等)

    以下は該当するかたのみ必要です。
  3. (支給対象児童と別居しており、児童が市外に在住している場合)児童の住民票
  4. (申請者が児童の未成年後見人である場合)児童の戸籍抄本、未成年後見人であること及び児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式1)
  5. (申請者が里親である場合)対象児童が委託されていることを明らかにできる書類
  6. (申請者が児童の祖父母など養育者である場合)児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式2)

(注意)申請は必要書類が全て揃った状態で受付します。 

支給日

申請受付後、翌月末を目安に支給
支給日の前に、支給または不支給決定通知を送付します。

支給方法

申請時に提出された申請者名義の口座へ振込

(4) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の家計が急変し、収入が減少したかた

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年1月から令和4年2月の間のいずれかの月で市民税が非課税水準まで収入が下がったと認められる場合に給付金を支給します。

支給を受けるためには申請が必要です。

必要書類

  1. 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分) 申請書(請求書)
  2. 簡易な収入見込額の申立書(家計急変者)
  3. 簡易な所得見込額の申立書(家計急変者)(注1)

(注1) 「2.」の書類で計算した結果、1年間の収入見込額が非課税相当収入限度額以上である場合は「3.」の書類も併せて提出してください。

添付書類
  1. 申請者名義の受取口座が確認できる書類の写し(通帳、カード等)
  2. 申請者の本人確認書類の写し(免許証等、公的証明書等)
  3. 申請者及び配偶者の給与明細書、年金振込通知書、売上台帳等の収入がわかるもの
    令和3年1月以降の任意の一か月分で収入が下がった月のもの。

    以下4から6の書類は該当するかたのみ必要です。
  4. (所得見込額の申立書を提出するかた)事業収入もしくは不動産収入があるかたは、経費が分かる書類(申請者及び配偶者分)
  5. (支給対象児童と別居しており、児童が市外に在住している場合)児童の住民票
  6. (申請者が児童の未成年後見人である場合)児童の戸籍抄本、未成年後見人であること及び児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式1)
  7. (申請者が里親である場合)対象児童が委託されていることを明らかにできる書類
  8. (申請者が児童の祖父母など養育者である場合)児童の実親の状況(氏名・存否・住所)が分かる申立書(参考様式2)

(注意)申請は必要書類が全て揃った状態で受付します。 

支給日

申請受付後、翌月末を目安に支給
支給日の前に、支給または不支給決定通知を送付します。

支給方法

申請時に提出された申請者名義の口座へ振込

申請期間

令和3年7月1日(木曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで(期限厳守)

新型コロナウイルス感染防止のため、郵送での提出にご協力ください。

郵送先

〒356-8501
ふじみ野市福岡1-1-1
ふじみ野市役所 子育て支援課 子育て安心係あて

注意事項

振込先口座を解約・変更等している場合は届出が必要です

児童手当及び特別児童扶養手当登録口座を解約・名義変更等をしている場合、変更手続きが必要です。該当するかたは速やかに下記口座登録届出書を御提出ください。なお、令和4年2月28日までに変更の届出がない場合、給付金を支給できなくなりますのでご注意ください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください

ご自宅などにふじみ野市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに子育て支援課窓口または東入間警察署(電話番号:049-269-0110)にご連絡ください。

その他注意事項

  • この給付金は課税の対象になりません。
  • 給付金の支給を受けた後に、遡りで受給資格を喪失したり所得の更正を行い支給対象者の要件に該当しなくなった場合は給付金の返還を求めることがあります。
  • 給付金を受ける権利は、譲り渡し、または担保に供してはいけません。

問い合わせ先

制度全般に関するお問い合わせは厚生労働省コールセンターへお問合せください。
電話番号:0120-811-166
受付時間:平日午前9時から午後6時

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課 子育て安心係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9041
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年08月30日