演劇ワークショップ「語り芝居 はやたろう」

演劇ワークショップを開催しました

令和4年9月11日(日曜日)に「語り芝居 はやたろう」の演劇ワークショップを開催しました。

朗読する前の身体づくり(ウォーミングアップ)をしっかりした後、事前に講師から配布されていた台本を参加者全員で読み、配役を決めていきました。

わずかな時間の中で、発声や人前での声出しの経験などを通じて、全員が一つとなって作品を作りだすことに参加者から感動の声があがるワークショップになりました。

参加者の感想

  • 皆さんと1つの作品を共有出来て良かったです。この何時間で人と人との仲が深められるとは驚きでした。終わったあと晴れやかな気持ちでした。
  • 人を前にして声を出す経験が勉強になりました。演じることは面白いと思いました。
  • 早くマスクが取れる時が来て皆さんの表情が見られたらもっと楽しいと思います。
令和4年度企画提案型委託事業_20220911_はやたろう_1

ワークショップの様子

令和4年度企画提案型委託事業_20220911_はやたろう_2

ワークショップの様子

演劇ワークショップ「語り芝居 はやたろう」に参加してみませんか

演劇の手法を使ったゲームで遊んだり、身体を動かしたりしながら楽しく参加者同士が関わり合い、気持ちを伝え、受け取ること、身体も顔の表情も声もいろいろなところを使って表現する楽しさを味わいます。「語り芝居 はやたろう」の台本を使って約20分の作品を創り、発表します。

是非ご参加ください。お待ちしております。

令和4年度_企画提案型委託事業_アート系ワークショップ_はやたろう1

「はやたろう」の演技の様子

概要

概要
日にち 令和4年9月11日(日曜日)
受付 午後1時から
時間 午後1時30分から午後5時まで
会場 ふじみ野ステラ・イースト多目的棟3階多目的ルーム
定員 20人(小学4年生以上)
参加費 無料
申込

令和4年8月5日(金曜日)午前9時から文化・スポーツ振興課に電話で申込む

文化・スポーツ振興課(電話)049-262-8124

問合先 文化・スポーツ振興課

講師

令和4年度企画提案型委託事業_アート系WS_はやたろう_馬渕

劇団銅鑼 馬渕真希

馬渕真希(まぶちまき)

俳優。1969年大阪に生まれる。

大阪芸術大学舞台芸術学科卒業後、テアトル・エコー附属養成所を経て、1993年より劇団銅鑼所属。

【主な出演作】

  • センポ・スギハァラ
  • 語り芝居 はやたろう(企画・出演)
  • ハンナのかばん
  • はい、奥田製作所。 など

大阪弁方言指導、演劇ワークショップ講師も務める。

令和4年度企画提案型委託事業_アート系WS_はやたろう_劇団銅鑼マスコットキャラクター

劇団銅鑼マスコットキャラクター どら猫

有限会社劇団銅鑼

1972年創立。

「平和」「人間愛」「本当に人間らしく生きることとは何か」をテーマに創造活動を続けている。

東京都板橋区の稽古場を拠点として、東京での劇場公演・アトリエ公演を行うほか、全国各地で公演を行っている。

また、小・中・高校生を対象とした学校公演も多数実施している。

公式マスコットキャラクターは「どら猫」。

 

この記事に関するお問い合わせ先

文化・スポーツ振興課 文化振興係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-8124
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年07月01日