新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯の国民健康保険税の減免

減免の概要

新型コロナウイルスの影響により、次の1,2に該当する世帯は、申請により国民健康保険税の減免を受けられます。

  1. 主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った世帯
  2. 主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯

雇用保険の特定受給資格者(例:倒産、解雇などによる離職)及び雇用保険の特定理由離職者(例:雇い止めなどによる離職)により国民健康保険税の軽減される方は、非自発的失業者の軽減が適用となります。ただし、非自発的失業による退職以外にも、コロナウイルス感染症の影響により減収が見込まれる収入がある場合は減免の対象となります。

減免対象の国民健康保険税

令和2年2月分から令和3年3月分の国民健康保険税

申請方法

受付期間

  • 令和2年7月13日(月曜日)から令和3年3月31日(水曜日)【普通徴収の方】
  • 令和2年7月13日(月曜日)から令和3年2月15日(月曜日)【特別徴収の方】

(注意)特別徴収とは、年金天引きによって国民健康保険税を納める方法のことです。

申請場所

ふじみ野市役所本庁舎1階 保険・年金課

(注意)郵送による申請を希望される場合は、減免申請書と添付書類と本人確認書類の写しを任意の封筒で送付してください。

(注意)大井総合支所、出張所では受付しておりません。

持ち物

共通

  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード等)
  • 減免申請書

減免理由に応じて以下の添付書類をご用意ください

1.主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った世帯
  • 死亡診断書、医師の診断書等

重篤な傷病については1か月以上の治療を有すること等が明らかである診断書が必要です。

2.主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯
  1. 前年の収入について…世帯全員の令和元年分確定申告の控え、令和元年中の収入がわかるもの(源泉徴収票等)
  2. 今年の収入について…主たる生計維持者の令和2年1月から直近までの給与明細書、収入と必要経費がわかる帳簿等
  3. 失業や廃業したことがわかるもの…廃業届、離職票、雇用保険受給資格者証等

(注意)会社都合で退職した場合は、必ず離職票と雇用保険受給資格者証をお持ちください。

注意事項

  • 非自発的失業の軽減に該当する場合は、軽減が優先となります。
  • 減免申請者とは別世帯の方が申請する場合は、委任状と来庁者の本人確認書類が必要です。
  • 介護保険・後期高齢者医療制度とは、減免の要件等が異なる場合があります。
  • 減免申請後、審査の結果によっては減免の対象とならない場合もありますので、ご了承ください。
  • 大井総合支所・出張所では受け付けておりません。

制度にかかるチラシ

この記事に関するお問い合わせ先

保険・年金課 保険税係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9039
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年06月17日