小・中・高校生(20歳未満)の定期予防接種

定期接種の種類

小学生・中学生・高校生(20歳未満)が対象の定期接種は以下のとおりです。 

ふじみ野市、富士見市、三芳町(2市1町)内の実施医療機関で個別に受けることができます。定期接種の予診票は、2市1町内の実施医療機関に置いてあります。 

医療機関により、予約が必要になりますので、事前に各医療機関へご相談ください。

日本脳炎(2期)

対象年齢

9歳以上13歳未満

接種回数

1回

特例対象者について

平成17年度から平成21年度に接種を受けることができなかった人は、日本脳炎第1期(計3回)第2期(1回)について、接種回数の不足分の接種が受けられる特例が設けられました。

特例対象者

20歳未満(20歳になる1日前まで)かつ平成13年4月2日から平成19年4月1日生まれの人

二種混合(ジフテリア・破傷風)

対象年齢

11歳以上13歳未満

接種回数

1回

二種混合は、乳幼児期対象の三種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき)の2期となります。

乳幼児期に三種混合を必要回数分接種していない人は、十分な免疫ができていない可能性がありますので、医師に相談のうえ、自己負担(有料)での接種をご検討ください。

子宮頸がん予防

対象年齢

中学1年生から高校1年生相当の女子(小学6年生の女子で希望者は接種することができます)

接種回数

3回(必ずどちらか1つのワクチンで3回接種)        

(注意)子宮頸がん予防ワクチンには、サーバリックス(2価)とガーダシル(4価)のワクチンがあります。

接種間隔

サーバリックス(2価)

1か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種(ただし、当該方法をとることができない場合は、1か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回接種)。    

ガーダシル(4価)

2か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種(ただし、当該方法をとることができない場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種後、2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回接種)。                      

積極的勧奨の差し控えについて        

平成25年6月14日から、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を差し控えています。        

これは、厚生労働省で開催された会議において、接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応例等について十分に情報提供できない状況にあることから、接種希望者の接種機会は確保しつつ、適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な接種勧奨を一時的に控えるべきとされたためです。        

接種を希望される場合は、以下の厚生労働省や埼玉県の発する情報等を確認いただき、子宮頸がん予防ワクチンの有効性及び安全性等について十分理解したうえで、接種を受けるようにしてください。

実施場所

特別な理由により、ふじみ野市、富士見市、三芳町(2市1町)内の医療機関以外で接種する場合は、事前に手続きが必要な場合があります。保健センターへお問い合わせください。

費用

無料

(注意)対象年齢や定められた接種回数・間隔を外れた接種については自己負担(有料)となります。

持ち物

  1. 母子健康手帳(母子健康手帳へ接種歴の記載をしなかった場合は、その代替えである予防接種済み証など)    
  2. 健康保険証等(ふじみ野市の住所が確認できるもの)

 (注意)ふじみ野市、富士見市、三芳町(二市一町)の実施医療機関以外で接種を希望する場合は、「予防接種依頼書」が必要となります。詳細については保健センターまでお問い合わせください。

保護者の同伴について

予防接種には、お子さんの日ごろの健康状態をよく知っている保護者がお連れください。    

未成年の人が予防接種を受けるときは、保護者(両親・後見人)の同伴が原則となっています。特別の理由で保護者が同伴できない場合は、委任状を持参し、お子さんの健康状態を普段から熟知している親族が同伴してください。    

既婚者が接種する場合または13歳以上の人が「保護者が同伴しない場合の予診票」を用いて接種する場合(保護者の署名が必要)には、保護者が同伴しなくても予防接種が受けられます。    

「保護者が同伴しない場合の予診票」は、実施医療機関・保健センター・大井総合支所(総合窓口課地域福祉係)・出張所にあります。

13歳の女性への接種にあたっては、妊娠もしくは妊娠している可能性がないことを確認してください(予防接種の有益性が危険性を上回ると判断した場合のみ接種できます)。

長期間の疾病療養者等の定期接種の機会の確保について

予防接種法施行令の一部改正(平成25年1月30日付)により、次の要件に該当する場合は、接種対象年齢を過ぎても定期の予防接種として接種できるようになりました。詳しくは医師へご相談ください。

接種対象年齢であった間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等特別な事情(注釈)があったことにより、やむを得ず定期の予防接種が受けられなかった場合で、その事情が解消された日から起算して2年以内に接種する場合。ただし、BCGは4歳に至るまで、四種混合は15歳に至るまで、ヒブは10歳に至るまで、小児用肺炎球菌は6歳に至るまで、B型肝炎は対象年齢の上限は設けないこと

(注釈)「長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等特別な事情」とは

重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病にかかったこと

白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病にかかったこと

臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと

医学的知見に基づき、上記同様に準ずると認められるもの

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 健康推進係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-264-8292
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2020年04月01日