(農業者向け)高収益作物次期作支援交付金

高収益作物次期作支援交付金(国支援事業)

新型コロナウイルス感染症の発生により卸売市場での売上が減少する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶等の高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援します。

詳しくは以下のPDFデータおよびリンク先をご覧ください。

高収益作物次期作支援交付金チラシ(PDFファイル:451.9KB)

支援対象となる生産者

次の要件をすべて満たす方

  1. 令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者
  2. 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している、または今後加入を検討する生産者
  3. 補助対象期間内に、支援対象品目の次期作に向けた一定の取り組みを実施すること

(注意)今後の国の動向により要件等が変更になる場合があります。

支援内容・取組内容

需要対応生産の取組支援

次の支援対象品目の次期作において、「取組例1(PDFファイル:277.9KB)」に記載の取組項目の内から2つ以上の取組を行ったほ場に対し交付金が交付されます。

  • 野菜・花き・果樹・茶::10aあたり5万円

次の支援対象品目の次期作において、「取組例2(PDFファイル:238.4KB)」に記載の取組項目の内から2つ以上の取組を行ったほ場に対し交付金が交付されます。

  • 施設花き、大葉、わさび:10aあたり80万円
  • 施設果樹(マンゴー、おうとう、ぶどう):10a当たり25万円

(注意1)10aあたり80万円の場合は、取組項目3の取組が必須となります。
(注意2)施設は、加温装置(空調設備)またはかん水装置がある施設に限られます。

取組期間

令和2年4月30日以降

需要促進の取組支援

次の支援対象品目の次期作において、アからウの取組をしたほ場に対し、取組ごとに交付金が交付されます。

  • 野菜、花き、果樹、茶:10aあたり2万円

ア.新たな直販等を行うためのHP等の環境整備
イ.新品種・新技術導入等に向けた取組
ウ.海外の残留農薬基準の対応又は有機農業・GAP等の取組

取組期間

令和2年4月30日以降

厳選出荷の取組支援

次の支援対象品目の次期作において、高品質なものを厳選して出荷する取組に対して、取組を行った人数・日数に応じて交付金が交付されます。

  • 花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう:1人1日あたり2,200円

花きの取組例

フラワーネット張りの調整・施肥(追肥・葉面散布)・防除・芽かき・摘花・整枝・選別・荷造り・出荷調整(冷蔵貯蔵施設などを利用した長期保管による出荷量調整) など

茶の取組例

被覆・化粧ならし・遅れ芽除去・手摘み・生葉の格付け・コンテナによる分別・ 風力選別機による木茎の除去・仕上げ機による粉の除去 など

取組期間

令和2年2月1日以降

申請する場合

申請時は以下の書類が必要となります。

  • 令和2年度高収益作物次期作支援交付金申請書
  • 取組計画書
  • 参考様式1‐1から1‐3(需要対応生産の取組支援)
  • 参考様式2(需要促進の取組支援)
  • 参考様式3(厳選出荷の取組支援)
  • 出荷又は廃棄実績のわかる書類(令和2年2月から4月)
  • 作付、取組対象地の地番や面積の分かる書類(農地台帳、施設設計図など)
  • 取組が既に終了している場合は、取組を実施したことが証明できる資料
    (例:資材などの購入伝票、作業日誌、機器等の写真、安全講習等の受講が確認できる資料、作業中の写真など)

(注意)取組計画書に基づいた取組終了後は、実績報告等の手続きが必要となります。

実績報告時には、取組を実施したことが証明できる資料が必要となりますのでご注意ください。

申請に関する注意事項

  • 申請書等の提出先は、生産者の出荷系統などにより変わります。提出先や時期については下記までお問い合わせください。
  • 申請後に国による審査がありますので、全ての申請が承認されるものではないことをご了承ください。
  • 本交付金以外の国の補助金(経営継続補助金等)と重複する場合は、本交付金が受けられない場合もありますのでご了承ください。
  • 今後の国の動向により、要件等が変更になる場合がありますのでご了承ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農政係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9024
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年09月02日