新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療費(精神通院医療)の更新手続きの臨時的取扱い

精神障害者保健福祉手帳

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、申請者が医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診すること等を避けるため、更新手続きの臨時的な取扱いができることとされました。

内容

現に所持している手帳の有効期限から1年以内は診断書の提出を猶予した上で、有効期限を更新することができます。(診断書を猶予した場合、障害等級は従前の等級によるものとします。)

猶予期間において当該対象者から診断書が提出され、等級を変更する必要があると判断された場合には、先に交付された手帳と引き換えに新たな等級の手帳を交付します(この場合の有効期限は先に発行したものと変わりません。)

対象者

次の1・2両方に当てはまる方

  1. 令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える者のうち、更新時に医師の診断書を添えて提出する必要がある者(障害年金証書・確定通知書等を添付する方法で申請する方は今回は対象ではありませんので、従来の方法で申請をお願いします。)
  2. 医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診する者

申請方法

市役所障がい福祉課又は、大井総合支所市民総合窓口課地域福祉係に更新の申請書を提出。(郵送申請可能)

詳しくはフローチャートをご覧ください。

自立支援医療費(精神通院医療)

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、医学的観点からは急を要さない診断書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、支給決定の臨時的な取扱いができることとされました。

内容

現に効力を有する支給認定の有効期間を1年間延長し、現在の受給者証の有効期間を読み替えるものとします。

ただし、通常の更新手続きが可能な方に関してはこの限りではありません。

対象者

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期間が満了する全受給者

受給者証の取扱い

現在お持ちの受給者証を引き続きご利用ください。

(注意)延長後の期間に書き換えた受給者証が必要な方は申請が必要です。市役所障がい福祉課又は、大井総合支所市民総合窓口課地域福祉係に申請書の提出(郵送申請可能)をお願いします。(基本的には読み替え対応になります。新たな受給者証の発行希望がない方は申請書提出の必要はありません)。

詳細に関してはフローチャートをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

障がい福祉課 障がい福祉係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9032
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年06月05日