遺跡内での工事の届け出

工事を予定している土地は、遺跡の上ではありませんか?

 ふじみ野市内には45カ所の遺跡(昔の人々が生活した場所や痕跡)が残されています。遺跡の多くは地面の下に埋もれていますので、工事により気がつかないうちに壊される可能性があります。遺跡は私たちの先祖が残してくれた大切な遺産です。

 文化財保護法では、遺跡(埋蔵文化財)をまもるために、遺跡内で工事を行う場合には、事前に届出することが決められています(文化財保護法第93条)。

事前協議が必要な工事

1~2の開発区域に係るものについては、工事に着手しようとする日の60日前までに教育委員会と事前協議をお願いいたします(ふじみ野市埋蔵文化財発掘調査指導要綱)。

  1. 埼玉県遺跡地図及びふじみ野市遺跡台帳に登載された周知の遺跡の範囲内及びその隣接地

詳細は次のリンクをクリックしてください。

  1. 開発区域の面積が1,000平方メートル以上の土地

申請書類

発掘の届け出

開発事前協議書

土地所有者承諾書

 皆さんの工事予定地が遺跡内にあるかどうかについては、ふじみ野市教育委員会文化財保護係で調べることができますので、事前の確認をお願いいたします。ご不明な点は、お問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課 文化財保護係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-220-2088
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年12月01日