ひきこもり

ひきこもりとは

「ひきこもり」とは、社会的な参加の場面が狭まり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期(6か月以上)にわたって失われている状態のことを指します。

また、「いじめのせい」「家族関係のせい」「病気のせい」と一つの原因で「ひきこもり」が生じるわけではなく、さまざまな要因が絡み合って起こるものです。

ひきこもりにみられる症状

  • 人の視線が気になる
  • 自分の顔や匂いが気になる
  • 無気力でやる気が起きない
  • イライラする
  • 家族に命令的な話し方をする
  • 家庭内で暴力をふるう
  • 昼と夜の生活が逆転してしまう
  • 何かし始めるとやめられない
  • 死にたいと思う、あるいは自傷行為の経験がある

ひきこもり専門相談

電話:048-461-0468(予約が必要です)

予約専用電話:048-723-6811(予約専用電話)

若者の就業支援

個別相談やセミナーを行っています。

電話:048-255-8680(予約が必要です)

関連記事

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 地域健康支援係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-293-9045
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2020年03月02日