糖尿病性腎症重症化予防事業

平成27年度からふじみ野市では、埼玉県国民健康保険団体連合会及び埼玉県内に国民健康保険の保険者が共同で実施する「糖尿病性重症化予防対策事業」に参加しています。

当事業は、糖尿病が重症化するリスクの高い医療機関未受診者・受診中断者を医療に結び付けるとともに、糖尿病性腎症で治療中の患者のうち、重症化するリスクの高い通院患者に対して保健指導を行い、人工透析への移行を防止するものです。事業主体は埼玉県国民健康保険団体連合会及び国民健康保険の保険者となりますが、事業実施につきましては民間事業者(株式会社NTTデータ)へ業務を委託し実施しています。

プログラム効果検証

現在、全国の自治体で実施されている「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」において、保健指導や医療機関への受診勧奨などの様々な取組が行われていますが、その効果を正確に把握するためには、長期にわたる経過観察が必要です。今回、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」による保健指導が、糖尿病の重症化予防にどの程度効果があるかを明らかにする目的から、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム効果検証:糖尿病性腎症重症化予防プログラムの介入効果の検証」にふじみ野市も参加することになりました。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお、ほかの研修対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することができます。

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 健康予防係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-262-9040
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2021年10月20日