元気・健康都市宣言

 「元気・健康都市宣言」は、住みやすい「ふじみ野市」で、いつまでも安心して暮らすために、家庭や地域、行政が相互に協力しあいながら、自身の状況にあった健康づくりを進めることで、子どもから高齢者までのすべての市民が、生涯を通して元気で健やかに暮らせるふじみ野市を目指すための宣言です。

ふじみ野市にふさわしい宣言とするため、医療関係者、学識経験者、市民団体の代表者、市民公募者で構成する「ふじみ野市元気・健康づくり推進市民会議」に宣言文を検討して頂き、各委員の健康づくりに対する意見や思いが活発に、かつ、慎重に議論が重ねられ、宣言文案が練り上げられました。

 この宣言を契機に、市では健康づくり事業をより一層推進していくとともに、市民一人ひとりによる自分にあった健康づくりの取り組みが行われ、皆さまがより一層元気で健康になることを目指します。

元気・健康都市宣言

元気・健康都市宣言

 住みやすいまちで、健康でいきいきと暮らすことは、市民みんなの願いです。一人ひとりがより良い生活習慣を身につけ、自分にあった健康づくりを進めていきます。

 そして、家庭・地域・行政が互いに協力しあいながら、すべての市民がいつまでも健やかに笑顔あふれる、元気・健康による好循環のまちをめざし、ここに「元気・健康都市」を宣言します。

 私たちは、

「ふ」 普段から生活リズムを整え こころもからだも元気に暮らします

「じ」 地元の野菜を取り入れて バランスの良い食事を楽しみます

「み」 未来の自分と家族のために 健康診査を受け健康管理に努めます

「の」 のびのび・いきいきと 自分にあった運動やスポーツに親しみます

「し」 生涯しっかりとかめるよう 歯と口の健康づくりを心がけます

 平成27年1月5日

 ふじみ野市

宣言文に込められた思い

 「元気・健康都市宣言」は、「元気」は進んで物事に取り組もうとする気持ちを、「健康」はからだの健康・こころの健康を表したもので、心身両面での充足した状態をイメージしたものです。市民一人ひとりがいつまでも元気で健やかに生涯を過ごすことができるまちづくりを、市民の皆さまとともに推進していくとの思いをこめています。

そして、ふじみ野市の健康づくりの柱となっている、「生活リズム」、「栄養・食生活」、「生活習慣病の予防」、「身体活動・運動」、「歯の健康」の5つのキーワードを用いて作られました。また、各文の頭文字を続けると「ふ・じ・み・の・し」となるようにし、子どもから高齢者までのすべての市民に親しみやすい構成にもなっています。

各文では、キーワードに合わせて、ふじみ野市のめざす姿を示しています。

「ふ」 普段から生活リズムを整え こころもからだも元気に暮らします

『生活リズム』を整え、規則正しい生活にすることが健康づくりの基本です。休養・睡眠をしっかり取り、こころもからだも元気に過ごします。

「じ」 地元の野菜を取り入れて バランスの良い食事を楽しみます

自分にあった『栄養・食生活』について考え、併せて「地産地消・食育」を推進します。

「み」 未来の自分と家族のために 健康診査を受け健康管理に努めます

『生活習慣病の予防』のために、定期的に健康診断やがん検診を受け、自分の健康状態について知ることが重要です。

「の」 のびのび・いきいきと 自分にあった運動やスポーツに親しみます

ひとりで、または家庭でもできる簡単な『身体活動・運動』や仲間と競い合うスポーツを通じて、積極的に体を動かす機会を作ります。

「し」 生涯しっかりとかめるよう 歯と口の健康づくりを心がけます

むし歯や歯周病は全身の健康に影響を与えます。『歯の健康』を守ることで、食事や会話を楽しみ、豊かな生活を送ります。

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 健康推進係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-264-8292
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2020年03月02日