里帰り出産時等の産婦健康診査の費用助成

令和4年4月1日以降に受診した産婦健康診査が対象となります

ふじみ野市では、里帰り先の医療機関等で受診した健康診査費用の一部を助成しています。ただし、下記助成内容に要した費用のみが対象となります。

対象

出産後概ね1か月以内に産婦健康診査を受診した方で、受診日にふじみ野市に住民登録がある方(但し、医療機関入院中に実施したものは対象外)

(注意)流産・死産の場合も対象となります。

助成内容

以下の健診内容に対し、上限5,000円まで市が助成します。上限を超えた場合は、自己負担となります。

また、これらの健診内容を全て実施した場合に助成対象となります。一つでも実施しなかった場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。

  • 問診
  • 診察
  • 体重、血圧測定
  • 尿検査
  • こころの健康チェック3つの質問票(フォーマットは下記よりダウンロード可能。時間的な制約等があり、3つ全てを実施することが難しい場合は、エジンバラ質問票のみでも可。)

助成回数

1回

受診方法

埼玉県と契約を行っている医療機関

ふじみ野市の産婦健康診査助成券が利用できます。(特別な手続きは必要ありません。)

詳しくは、保健センター地域健康支援係までお問い合わせください。

埼玉県と契約を行っていない医療機関

産婦健康診査の費用は、一旦自己負担していただきます。健診後申請をしていただき、指定の口座に振り込みを行います。なお、支払いの対象となるのは、産婦健康診査のうち上記助成内容に該当する部分であり、かつ上限5,000円までとなります。5,000円を超えた部分は、自己負担となります。

また、助成内容に記載の項目を全て実施した場合に助成対象となります。一つでも実施しなかった場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。

医療機関等によっては、こころの健康チェック質問票など一部項目を実施しないところもございますので、事前に受診先へご確認ください。

受診から申請までの流れ

  1. 「こころの健康チェック3つの質問票」と「医療機関への依頼文」を下記よりダウンロードしてください。
  2. 産婦健康診査受診時に、ダウンロードした「こころの健康チェック3つの質問票」、「医療機関への依頼文」、母子手帳を持参し、窓口担当者へお渡しください。時間的な制約等があり、3つの質問票全てを実施することが難しい場合は、最低でもエジンバラ質問票は実施してください。
  3. 受診結果を母子手帳の「出産後の母体の経過」欄に記載してもらってください。また、「こころの健康チェック3つの質問票」の写し、領収書・明細書を医療機関から受け取ってください。
  4. 受診日から1年以内に、必要書類(下記「持ち物」の項目を参照)を揃えて保健センターへ申請してください。

申請期限

産婦健康診査受診日から1年以内。(里帰り先から戻られましたら、すみやかに申請してください。)

申請場所

保健センター地域健康支援係

持ち物

  • 産婦健康診査助成金交付申請書
  • 未使用の産婦健康診査助成券
  • 医療機関等の領収書・明細書(原本が必要です。コピー不可。)
  • 母子健康手帳
  • 振込先口座のわかるもの(産婦本人名義)
  • 印鑑
  • こころの健康チェック3つの質問票 の写し

その他

里帰り先の医療機関における埼玉県との契約の有無やその他詳細につきましては、保健センター地域健康支援係までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター 地域健康支援係

〒356-0011
埼玉県ふじみ野市福岡1-2-5
電話番号:049-293-9045
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2022年08月22日