大井郷土資料館へようこそ

新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をおねがいいたします

新型コロナウイルス感染防止をさらに徹底するため、施設ごとの利用ガイドラインを作成しました。
利用条件に変更がある場合は、その都度ホームページでお知らせします。

利用条件

基本方針 公共施設利用における基本的方針(令和3年10月25日)(PDFファイル:270.1KB)
利用ガイドライン 大井郷土資料館利用ガイドライン:資料館利用ガイドライン1025(PDFファイル:185.5KB)
利用団体提出用:新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(PDFファイル:264.4KB)
記入例:新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン記入例1025(PDFファイル:321.5KB)
利用時間の変更 変更はありません
来館条件 団体見学は事前予約のうえ、時間や見学場所の分散についてご相談を承ります。
利用制限 公共施設利用における基本的方針(令和3年10月25日)(PDFファイル:270.1KB)及び資料館利用ガイドライン1025(PDFファイル:185.5KB)を守ってご利用ください。
その他 展示室内の人数により、入室をお待ちいただく場合があります

施設概要

大井郷土資料館へようこそ

大井郷土資料館の展示テーマは「みち」です。

奥の大井郷土資料館まで続いている屋根付き歩道と左手に見える庭園の写真

夏休みの事業募集について

令和4年8月1日(月曜日)のあいぞめ教室は申込みが定員に達して受付を終了しました。

令和4年8月6・8・9日(3日連続)の縄文土器づくりは少しですが人数に余裕があります。お問合せください(7月8日現在)。

「今から208年前、伊能忠敬が大井宿にやって来た!~江戸時代の地図~」展示中(展示終了)

江戸時代の後半、今から208年前の文化11(1814)年5月20日、九州までの測量調査の帰路に伊能忠敬は大井宿に宿泊しました、もちろん川越街道を江戸に向かう途中も測量を続けており、精力的に調査を続けました。

この時の測量日記(千葉県香取市伊能忠敬記念館所蔵)とそれをもとに作成した地図の写(国立国会図書館所蔵『大日本沿海輿地全図』)の川越周辺部分の写真を展示し、伊能忠敬の足跡をたどりまます。

市内に残る江戸時代の絵図面(大井町絵図 慶応3年 市指定文化財新井家文書)の写真も展示しました。イラスト的な絵図面から測量により作られた「地図」に変化する様子がわかります。

会期

令和4年5月24日(火曜日)から6月21日(火曜日)午前9時から午後4時30分

kaijou

会場の様子 中央が伊能忠敬の測量をもとに作成された地図写真

企画展「昔のくらしと昔の学校」の開催について(展示終了)

学校によって異なりますが、小学校3年生又は4年生では3学期に、「昔のくらし」を学習します。これにあわせて、資料館では、人々のくらしや学校が、どうかわってきたのかを、企画展で紹介しています。

教科書や遊び、くらしの道具、なつかしいものや、めずらしいものなどいろいろあります。ぜひご来館ください。

会期

令和4年1月11日(火曜日)から3月4日(金曜日)

茶の間の写真

特別展 星野仙蔵生誕150年記念特別展 「資本主義の世界を拓く ~ふじみ野の経済人たちと渋沢栄一のあゆみ~」(展示終了)

ふじみ野市資料館で令和3年10月23日(土曜日)から12月5日(日曜日)まで「星野仙蔵生誕1150年記念特別展 資本主義の世界を拓く~ふじみ野の経済人達と渋沢栄一のあゆみ~」を開催しました。

今年で生誕150年目にあたる福田屋十代目星野仙蔵と初代大井村村長神木三郎兵衛、浅草で銀行業を営んでいた神木治三郎らふじみ野市ゆかりの経済人達と日本経済の基礎を築いた渋沢栄一の軌跡を追う展示として実施しました。

開催期間

令和3年10月23日(土曜日)から12月5日(日曜日)まで

特別展記念講演会「鉄道と地域社会ーふじみ野の経済と経済人ー」(終了しました)

日時

令和3年11月13日(土曜日)午後1時30分から3時30分

巡回企画展

令和3年度の巡回企画展を実施いたしました。

「平和推進事業巡回企画展 戦争の記憶~戦時と平時の間で~」(展示終了)

開催日時

令和3年8月28日(土曜日)から9月20日(祝日) 午前9時から午後4時30分まで

ミニ展示「日本の藍染め、プレインカの染織」(展示終了)

市内に残る貴重な縞帳(織物のデザイン帳)から再現したすばらしい藍染めの織物と現在も使われている様々な染料で染めた布を展示します。またペルー独立200周年にちなみ世界最古の藍染めを生み出した古代ペルーの織物の歴史を紹介します。日本の質実な藍染めジャパンブルーと古代の息吹を伝えるペルーの染織コチニールレッドの共演を展示いたしました。

会場

大井郷土資料館常設展示室

会期

令和3年9月25日(土曜日)から10月10日(日曜日)

最新出土品展~縄文の家と中世のお堀(展示終了)

開催日時

令和3年7月17日(土曜日)から8月22日(日曜日) 午前9時から午後4時30分まで

開館時間

午前9時から午後4時30分まで

休館日

  • 毎月第2月曜日(その日が祝日の場合も休館)
  • 年末年始(12月28日から1月4日)

入館料

無料

交通アクセス

ふじみ野市大井中央2‐19‐5

  • 東武東上線ふじみ野駅西口から徒歩25分
  • ふじみ野駅西口駅前から東武バス「大井循環」行きで「文京学院大学前」下車徒歩1分(乗車時間約10から15分)

駐車場

50台分

駐輪場

あり

館内のご案内

民具・農具の使い方を紹介します

過去の特別展・企画展

刊行物・ミュージアムグッズのご案内

資料館通信

資料に関する諸手続きの方法

資料館収蔵の資料を利用したい場合

資料館に資料を寄贈又は寄託したい場合

お問い合わせ

大井郷土資料館(電話:049-263-3111、ファクス:049-261-0696)

所在地:埼玉県ふじみ野市大井中央2‐19‐5

この記事に関するお問い合わせ先

大井郷土資料館 学芸係

埼玉県ふじみ野市大井中央2-19-5
電話番号:049-263-3111
メールフォームによるお問い合わせ


更新日:2022年07月08日