令和6年度ふじみ野市住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金のご案内

ふじみ野市では、ゼロカーボンシティ実現のため省エネルギー機器・再生可能エネルギー機器の導入に対し補助金を交付します。

国・県の補助金との併用が可能です

(注意)予算に上限があります。申請は先着順とし、上限に達した時点で申請を締め切ります。

令和6年度補助金の概要

予算額および予算残額

令和6年度予算額 14,000,000円

予算残額 11,715,000円(令和6年7月12日時点)

申請受付期間

令和6年4月1日(月曜日)午前8時30分から令和7年3月31日(月曜日)午後5時15分まで

(注意)受付期間外に申請書をご提出いただいた場合、受付することはできませんのでご了承ください。

(注意)受付期間内に予算の範囲を超える申請があった場合は、超えた日に到着した交付申請書(不備があるものを除く。)の中から、抽選により交付対象者を決定します。
予算の範囲を超えた場合は、申請受付期間であっても受付を終了します。

補助の対象になる住宅

市内の戸建て住宅で、自己の居住用の住宅(既存・新築・建売)

補助の対象者

補助の対象となる方は、次の要件をすべて満たす方です。

  • 既存の住宅もしくは新築する住宅に補助対象機器を設置しようとする方または補助対象機器が設置された建売住宅を購入する方
  • 市内に住所を有する方又は転入予定者
  • 世帯全員が市税を滞納していない方
  • 過去に同様の市の補助金の交付を受けたことがない方

(注意)既に設置されている機器の入替は対象外です。

補助対象機器及び補助金額

補助対象機器および補助金額
補助対象機器 要件 補助金額
太陽光発電システム
  1. JET認証またはIECEE認証を受けた機器
  2. 公称最大出力値の合計値が1キロワット以上であること
  3. 全量売電でないこと

1キロワットあたり2万円(上限7万円)
(注意)1,000円未満の端数は切り捨てます。

強制循環型太陽熱利用システム

一般財団法人ベターリビングによる優良住宅部品の認定をうけていること

認定部品の確認はこちらから(一般財団法人ベターリビング ホームページ)

3万円
エネファーム

一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCS)により登録されている機器であること

登録機器の確認はこちらから(一般社団法人燃料電池普及促進協会 ホームページ)

5万円
定置型リチウムイオン蓄電池
  1. 一般社団法人環境共創イニシアチブが実施する補助事業の補助対象機器として登録されているもの
  2. 太陽光発電システムが設置されていること
  3. 公称蓄電容量が1キロワットアワー以上であること

補助対象機器の確認はこちらから(一般社団法人環境共創イニシアチブ ホームページ)

1キロワットアワーあたり2万円(上限7万円)
(注意)1,000円未満の端数は切り捨てます。
V2H(電気自動車等充給電システム)
  1. 一般社団法人次世代自動車振興センターが実施する補助事業の補助対象となっていること
  2. 電気自動車またはプラグインハイブリッド自動車を所有していること

補助対象の確認はこちらから(一般社団法人次世代自動車振興センター ホームページ)

5万円

(注意)新品の機器が対象です。

申請の流れ

補助対象機器の設置工事に着手する3週間以上前に申請する必要があります。

着工後に申請された場合、補助金の交付はできませんのでご注意ください。

(注意)建売住宅の場合は、着工後または引き渡し後でも申請可能です。

交付申請

既存住宅・新築住宅の場合

既存・新築住宅への設置に係る補助金の交付を受けようとする方は、「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金交付申請書(既存・新築用)」に次の書類を添付して申請してください。

  • 補助対象機器の導入及び設置に係る費用の内訳が分かる見積書又は契約書の写し
  • 補助対象機器の規格等を示すカタログ等の写し
  • 補助対象機器を設置しようとする住宅の案内図
  • 補助対象機器の設置予定箇所が分かる図面
  • 補助対象機器の設置予定箇所の現状が分かる着工前の写真
  • 定置型リチウムイオン蓄電池に係る申請にあっては、太陽光発電システムが設置されていることが分かる写真又は設置予定であることを確認できる書類の写し(他の添付書類で確認できる場合を除く。)
  • V2Hに係る申請であって、電気自動車等を既に所有している場合は電気自動車等の所有者又は使用者であることを確認できる書類の写し及び当該電気自動車等の写真、V2Hの設置に併せて電気自動車等を導入する場合は電気自動車等を導入する事実を確認できる書類の写し

建売住宅の場合

補助対象機器が設置された建売住宅に係る補助金の交付を受けようとする方は、「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金交付申請書(建売用)」に次の書類を添付して申請してください。

  • 建売住宅に係る見積書又は契約書の写し
  • 補助対象機器の規格等を示すカタログ等の写し
  • 住宅の案内図
  • 補助対象機器の設置箇所が分かる図面
  • 定置型リチウムイオン蓄電池に係る申請にあっては、太陽光発電システムが設置されている又は設置予定であることを確認できる書類の写し(他の添付書類で確認できる場合を除く。)
  • V2Hに係る申請であって、電気自動車等を既に所有している場合は電気自動車等の所有者又は使用者であることを確認できる書類の写し及び当該電気自動車等の写真、建売住宅の取得と併せて電気自動車等を導入する場合は電気自動車等を導入する事実を確認できる書類の写し

交付決定

申請内容を審査した後、不備がなければ市から「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金交付決定通知書」を郵送します。

実績報告

交付決定通知を受け取り、補助対象機器の設置または建売住宅の引き渡しを受けた後に「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金確定通知書」に次の書類を添付して提出してください。

  • 補助対象機器の導入及び設置又は建売住宅の取得に係る費用の支払いを確認できる書類の写し(他の添付書類で確認できる場合を除く。)
  • 補助対象機器が設置された箇所の写真
  • 住宅の所有者であることを確認できる書類
  • 新築する住宅又は建売住宅にあっては、検査済証(建築基準法(昭和25年法律第201号)第7条(の2)第5項に規定する検査済証をいう。)の写し

提出期限

実績報告書は次のいずれか早い日までに提出してください。

  • 設置工事が完了した日または住宅の引き渡しを受けた日から30日以内(転入予定者の方は、転入届を提出した日から30日以内)
  • 令和8年3月31日午後5時15分(郵送の場合は消印有効)(実績報告書の提出日を令和7年4月1日以降とする場合、予算の繰越しについて議会の議決を経ていることが要件となります。)

期限内に提出がない場合は、補助金の交付はできませんのでご注意ください。

交付確定

実績報告の内容を審査した後、不備がなければ市から「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金確定通知」を郵送します。

請求

交付確定通知書を受け取った後、「住宅用スマートエネルギーシステム導入促進補助金交付請求書」に次の書類を添付して提出してください。

  • 振込先口座の通帳の写し(申請者本人のものに限ります。)

提出期限

交付確定通知書の受領後、速やかに提出してください(実績報告書の提出日により請求書の提出期限が異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。)。

期限内に提出がない場合は、補助金の交付はできませんのでご注意ください。

申請方法

  • 市役所本庁舎2階 環境課の窓口に持参
  • 環境課宛てに郵送

その他

次の場合は必ず環境課に届け出てください。

  • 補助対象機器の設置が実績報告の期限までに完了しない場合
  • 住宅の引き渡しが実績報告の期限までに完了しない場合
  • 補助対象機器の設置を取りやめる場合
  • 住宅の新築・建売住宅の取得を取りやめる場合

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 環境係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9021
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2023年10月04日