企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の概要

企業版ふるさと納税は、国の認定を受けた地方公共団体が行う「地域再生計画」に基づく「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除するものです。

令和2年度の税制改正により、損金算入措置による軽減効果と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割になりました。

(例:1,000万円寄附すると、最大900万円の法人関係税が軽減されます。)

税目ごとの特例措置の内容

  • 法人住民税:寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)
  • 法人税:法人住民税の控除額が寄附額の4割に達しない場合、その残額を税額控除(寄付額の1割を限度とし、法人税額の5%が上限)
  • 法人事業税:寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

(注)税額控除の手続き(申告)や算出に関しては税理士や所管する税務署へご相談ください。

企業の皆さまのメリット

  • 法人関係税において、大きな軽減効果を得ることができます。
  • 企業として地域振興やSDGsの達成など社会貢献につながります。
  • 企業版ふるさと納税を通じた連携により、新たな事業展開の可能性が広がります。

制度活用にあたっての留意事項

  • 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  • ふじみ野市外に本社が所在する企業が対象となります。
  • 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受けることは禁止されています。また、寄附への返礼品の贈呈はありませんので、ご了承ください。

企業版ふるさと納税活用事業

ふじみ野市第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略に記載されている、本市における、人口減少と地域経済の縮小の克服、まち・ひと・しごとの創生と好循環を確立するための事業が対象となります。

また、本総合戦略では、「SDGsを原動力とした地方創生」「Society5.0の実現に向けた技術の活用」の新たな視点に重点を置いて施策を進めることとしています。

主な事業

  1. ふじみ野市における安定した雇用を創出する事業
  2. ふじみ野市への新しい人の流れをつくる事業
  3. 出産や子育てのしやすいまちを創出する事業
  4. 時代に合った地域をつくり、安全なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する事業

詳しくは以下の資料をご参照ください。

第2期総合戦略の策定の過程や、毎年度実施する効果検証及び本市のSDGsの取組については、以下のページをご覧ください。

ご寄附いただいた皆様

企業版ふるさと納税により本市にご寄附いただきました企業をご紹介いたします。

本市の地方創生事業をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。

(注意)掲載のご承諾をいただいた企業様のみ掲載しております。寄附年月の新しい順に掲載しております。

SATO社会保険労務士法人 様

ご紹介
寄附企業 SATO社会保険労務士法人
企業ロゴ ロゴの画像
本社所在地 北海道札幌市東区北5条東8丁目1-33
寄付金額 100万円
寄附年月 令和4年7月
寄附活用事業 ふじみ野市における安定した雇用を創出する事業
寄附企業HP SATO社会保険労務士法人公式サイト

寄附のお申込み等

本市の地域再生計画「ふじみ野市まち・ひと・しごと創生推進計画」にご賛同いただき、企業版ふるさと納税を行っていただく場合、本市に対して寄附のお申し出をいただく必要があります。

手続等につきましては、経営戦略室までお問い合わせください。

関連リンク

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の制度の詳細等については、下記ホームページをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

経営戦略室

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9000
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2022年07月25日