台風19号による災害で被害を受けられた皆様への支援

市税の申告・申請・納付等の期限の延長

令和元年台風第19号による被害状況に鑑み、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、長野県の指定地域に住所のある納税義務者を対象に、令和元年10月12日以降に到来する市税に関する申告・申請・請求等の期限を延長いたします(例外あり)。

こころとからだの健康相談

保健センターでは、臨床心理士や保健師・栄養士がこころとからだの健康相談を行っています。

気軽にご相談ください。まずは、お電話でお問い合わせください。

問合せ

保健センター

電話049-293-9045

特定非常災害に対する措置

国は、令和元年台風第19号による災害を特定非常災害として指定するとともに、この特定非常災害に対し、以下の措置を適用しました。

  • 行政上の権利利益に係る満了日の延長(例:自動車免許の有効期限の延長など) 
  • 期限内に履行されなかった義務に係る免責(事業報告書の提出、薬局の休廃止等のような履行期限のある法令上の義務について履行期限の延長) 
  • 債務超過を理由とする法人の破産手続開始の決定の特例 
  • 相続の承認又は放棄すべき期間の特例 
  • 民事調停法による調停の申立ての手数料の特例

詳しくは、チラシをご覧ください。

台風19号に伴う災害に対する金融上の措置

財務省関東財務局から、「令和元年台風第19号に伴う災害に対する金融上の措置」について、預貯金取扱金融機関、証券会社等、生命保険会社、損害保険会社、少額短期保険業者及び電子債権記録機関に対して要請がなされました。

り災証明・公的支援

り災証明の申請・発行

台風19号により家屋などに被害を受けた方は、見舞金などを受けるために、り災証明書の申請が必要になります。
り災証明書の発行に必要な調査を、令和元年10月14日(月曜日)から実施します。市職員が訪問しますので、調査にご協力をお願いします。

調査対象地域

  • 元福岡1~3丁目
  • 滝3丁目
  • 中丸2丁目
  • 水宮
  • 川崎

上記の地区以外で家屋などに被害があり、り災証明が必要な方は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

また、り災証明は、申請から1週間程度で発行し、郵送しています。

問合せ

市民課

電話049-262-9018

公的支援

台風19号により床上浸水の被害を受けた方は、下記のとおり見舞金の支給、税金・保険料の減免措置が受けられます(上下水道料金の減免は、床下浸水も対象)。支援の詳細については、お問い合わせください。

受けられる支援
受けられる支援 問合せ
災害見舞金 福祉課(049-262-9028)
浸水建物排水処理費補助金 市民課(049-262-9018)
固定資産税・都市計画税の減免 税務課(049-262-9013)
個人市民税・県民税の減免 税務課(049-262-9011)
国民健康保険税の減免 保険・年金課(049-262-9039)
後期高齢者医療保険料の減免 保険・年金課(049-262-9042)
介護保険料の減免 高齢福祉課(049-262-9037)

上下水道料金の減免

床下浸水でも減免になります(手続不要)

上下水道課(049-220-2077)

各種支援制度の手続きはお済みですか(終了)

各種支援制度の申請期日などは、令和元年12月25日(水曜日)または12月27日(金曜日)までとなっております。

再度、ご確認のうえ、まだ申請されていない方は、早めの手続きをお願いします。なお「浸水建物排水処理費補助金の申請」以外は、床上浸水(準半壊)と判定された場合に限ります。

災害見舞金の支給

令和元年12月25日(水曜日)まで

問合先:福祉課福祉支援係 049-262-9028

浸水建物排水処理費補助金の申請

令和元年12月27日(金曜日)まで

問合先:市民課市民係 049-262-9018

個人市民税・県民税の減免申請

令和元年12月25日(水曜日)まで

令和元年12月26日(木曜日)以降に申請する場合は、申請日以降に到来する納期限の税額の一部が減免対象。

問合先:税務課市民税係 049-262-9011

固定資産税・都市計画税の減免申請

令和元年12月25日(水曜日)まで

令和元年12月26日(木曜日)~令和2年3月2日(月曜日)に申請する場合は、第4期が減免対象。

問合先:税務課資産税家屋係 049-262-9013

国民健康保険税の減免申請

令和元年12月25日(水曜日)まで

令和元年12月26日(木曜日)以降に申請する場合は、申請日以降に到来する納期限の2分の1が減免対象。

問合先:保険・年金課保険税係 049-262-9039

後期高齢者医療保険料の減免申請

令和元年12月25日(水曜日)まで

令和元年12月26日(木曜日)以降に申請する場合は、申請日以降に到来する納期限の2分の1が減免対象。

問合先:保険・年金課保険税係 049-262-9039

介護保険料の減免

令和元年12月25日(水曜日)まで

令和元年12月26日(木曜日)以降に申請する場合は、申請日以降に到来する納期限の2分の1が減免対象。

問合先:高齢福祉課介護保険係 049-262-9037

浸水建物排水処理費補助金(終了)

令和元年台風19号による浸水被害にあわれた住宅等の基礎部分が「べた基礎」など、自然排水が困難な建物について、床下に溜まった水の排水作業に要した費用の一部を補助します。

申請受付期間

令和元年10月15日(火曜日)から12月27日(金曜日)まで

問合せ

市民課049-262-9018

司法書士による災害無料電話相談(終了)

埼玉司法書士会では10月28日より台風19号被害に対応するため、無料電話相談を実施します。

期間

令和元年10月28日(月曜日)~12月20日(金曜日)

相談電話番号

  • 048-872-8055
  • 048-872-8056

平日午後5時~7時、土日祝祭日を除く

所得税及び復興特別所得税、市民税・県民税における雑損控除等説明会(終了)

災害によって住宅、家財や車両に被害を受けた時は、確定申告で「雑損控除」の適用を受けることにより、所得税や市民税・県民税の全部又は一部を軽減することができます。確定申告において、この適用を受けるには「雑損控除の計算書」を申告書に添付する必要があるため、事前に作成し、申告がスムーズに行えるよう、御自身での作成が困難な方を対象にふじみ野市役所及び川越税務署職員による説明会を開催しました。

消毒作業(終了)

被災地域の家屋の消毒作業は、随時行っておりますので、お問い合わせください。

問合せ

環境課

049-262-9021

災害ごみの持ち込み(終了)

環境センターへのごみの持ち込みについて、10月19日(土曜日)、26日(土曜日)については、災害ごみに限り、受け入れを16時まで延長します。

ただし、エアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫等、家電リサイクル法により市では収集できない物など、普段から収集不可となっている物については受け入れできませんのでご了承ください。

問合せ

環境課

049-262-9021

ごみの収集(終了)

被災地域の「粗大ごみ」の収集は、10月14日(月曜日・祝日)以降随時行いますので、朝8時までに集積所にお出しください。ただし、以下の品目については家電リサイクル法により、収集できませんのでご了承ください。その他のごみについては、地域別収集カレンダー通りに収集します。

  • エアコン
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫(冷凍庫)

問合せ

環境課

049-262-9022

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理防災課 防災係

〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
電話番号:049-262-9017
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年03月02日